「フランス語会話の極意」 Citronさんからのご質問 [#163]

Play

Bonjour ! 三月に入りそろそろ春の気配を感じますが、いかがお過ごしですか?
ただ今フランスへ留学中でいらっしゃいますCitronさんからお便りをいただきました。
Citronさんお便りをありがとうございます。

第163回は2部構成です。
1、ラジオネームCitronさんからのお便りをご紹介、
2、フランス語ワンポイントレッスン(中級編)
3月3日にちなんだフランスでのある可愛らしい表現

フランス語学習者であれば、
誰でも一度(何度も?)はぶつかる壁のひとつ、
「話す」ということ。

テストの点は良いのに
話すとなると、なぜ出来ないの…(涙)

そんなお悩みを
生粋の日本人でも心はラテン
Yasko先生と、Mikiさんがお答えします!

そして3月3日、
「みみ」「MiMi」にちなんだ可愛らしい表現から、
「○○の日」とYasko先生は命名してしまいました!

さすがラテンマダムはちがいますね(^^♪
どうぞ最後までお聞きくださいませ。

YouTube

訂正;14:36でYasko先生が「今日のmimiの日は」と言っておりますが、
正しくは「このmimiの日」でございます。

Citronさんのご質問

HN:Citron

こんにちは、Yasko先生。
いつもレッスンでは
アンサンブルさんにお世話になっています。
ありがとうございます

今留学中で、
フランス語の上達方法に試行錯誤しています。

現在語学学校ではB2クラスにいます。
テストではクラス内でもよい点数を取れるのですが、
会話となると、どうも苦手です。
積極的に自分から話すことができず、
クラスでも、フランス人の中でも孤立してしまいます。

日本では結構積極的に話せるのですが、
正しいフランス語が話せないと思うと、
どんなに話したくても、間違っちゃいけないという
変なプライドが邪魔をして話せないのです。

クラスメイトでは間違えても積極的に話す人の方が、
友達がたくさんできているようでうらやましく、
何のためにフランスに来たのかと情けなくなります。

どうか、この私も無駄なプライドを排除できるよう、
劇的なアドバイスをお願いします。
ラジオいつも楽しみにしています。
これからも頑張ってください。

Citronさん、お便りをありがとうございました!

皆様もどしどし、
radioあっとensemblefr.com まで
番組へのご要望、ご質問何度でも受け付けますので
お気軽にご連絡ください(*^。^*)

沢山のお便りをお待ちしております!