「インドの中のフランスとは」 Makotoさんとやすこさんからのご質問 [#165] 

Play

Bonjour !
暖かくなって参りましたので、
そろそろ桜の開花が待ち遠しいですね。

今回は、フランスでの飲食業の開業に興味をお持ちのMakotoさんと
インドに赴任されているやすこさんから、お便りをいただきました。
フランスでの開業事情のこと、インドの中のフランスのことなど、
今回もとても興味深い内容でございます。

第165回は2部構成です。
1、ラジオネームMakotoさんとやすこさんからのお便りをご紹介
2、フランス語ワンポイントレッスン(初級編)
「どこどこにある、それなあに?」物とその場所について話す

フランスでの飲食業の壁はなぜ高い?
インドの中のフランスとはどこなのでしょう…

最後のフランス語ワンポイントレッスンは、
旅行でも知っていると便利な表現です。

では、どうぞ最後までお聞きくださいませ。

YouTube

Makotoさんのご質問

Yasko先生
いつも楽しく番組を拝見しております。まことです。

以前お便りを募集してらっしゃった件、
わたしから取り上げていただきたい
質問がありこの度メールをさせていただきます。

質問内容は:
「フランスでお店(飲食業)をオープンしたい場合に
何か資格などは必要なのでしょうか?」

たとえば日本だと調理師の免許が必要でしょうし
保健所への届出も必要なのかなって思います。
聞いた話によるとアルコール類を扱う場合には、
フランスではお店の経営者は
それなりの届け出(資格)が必要なようです。

Lyonでお好み焼き屋さんをオープンするには
どういった事前作業があるのか聞きたくて投稿しました。
よろしくお願いします。

Makotoさん、お便りをありがとうございました!

やすこさんのご質問

「ポンディシェリー:インドの中のフランス」

インドに7月に引っ越したしばらく後、
「インドのフランス地域」と聞いたときは、
とても驚いたのですが、「フランス東インド会社設立」という
中学生で学ぶ世界史を覚えている人には、
何の不思議もない事だと気づき、
無知を恥じているこのごろです。

インドに7月から赴任し、インドの中フランス文化圏、
これは行かねばと調べ始めましたが、
どの旅行案内をみてもフランス名残の風俗を紹介していません。
そもそも、インドで、Pondicherryを
シェリーとフランス語読みにする人に出会った事はなく、
皆、ポンディチェリーか正式名称のポンドゥチェリー(2006年に改名)
と英語読みです。

インドのなかのフランスを求めて、
ポンディシェリーに行った日本人は以前にもいたらしく、
その方のブログを読んでも、
やはりフランスの名残などは、
まぁ、ホテルやカフェ(!)、道の名称にみるぐらい。

悲しい、それでも、やはり、
ポンディシェリー旅行を一度してみたいです。

ちなみに、インドの人の中に
「フランス語みたいに英語をしゃべる」人がいます。
全体が平坦で、フレーズの切れ目でぽんっと音があがり、
声のトーンが耳に心地よい。
「で、何言ったんだっけ?」と意味がまったくとれない点も、
私がフランス語を聞いているときの感想と同じ。
彼らは、ポンディシェリーの出身? (ちがいます)
––終わり––

追記:Yasko先生のお名前の綴り、さすが!
って思いました。私も同名で、
海外で暮らし始めた頃(英語圏)、
自己紹介をすると「Yaskoね」と言われ、
そのとき初めて、
日本語ではuを発音していない事に気づきました。
最近は、英語で自己紹介するときは
名前をゆっくり発音するので、
やっぱりYasukoの音になりました。

やすこ

以前ポンディシェリーに関して投稿したやすこです、
インドで旅行代理店をされている日本人の方の
ブログになんとポンデチェリが!
しかも、彼によると、フランスっぽくおしゃれだそうです。

話が違う。行きたい、行かなければ。
http://ssmaru.blogspot.in/2015/10/2.html 

やすこさん、お便りをありがとうございました!

すしまるさんのブログより

ポンディシェリーはチェンナイから
車で約3時間車で走った場所にある、東海岸沿いの街。
ここは、インドの数少ないイギリス以外の
ヨーロッパの植民地だった場所です。

プドゥチェリーは地元の言葉で
最近正式にこちらへ変更されましたが、
ポンディシェリーと言うフランス語の呼び名がまだ一般的です。
そう、ここは元フランス領。
そのため、ここに来るとガラリと雰囲気が変わります。
ちなみに、もう一つ有名な
NONイギリス植民地支配下にあった場所は
旧ポルトガル領のゴアです。

何が違うって?街並みがお洒落!カフェがある!
クロワッサンやカフェオレがメニューにある!
食事が美味しい!綺麗!等、
イギリス統治された場所であまり無いものがずらずら。
フランスとイギリスは隣同士の国なのに、
これだけ違うんだという事が判ります。

住んでいる住民はタミル人。言葉もタミル語です。
でも、どこかラテンっぽい雰囲気があり、
堅苦しさがあまり無く、
どこか同じラテン系のポルトガル領であったゴアに
似ている所があります。海もありますが、
正直そんなに綺麗では無いです。
ポイントはやはり雰囲気と街並みと食事でしょう。

<アクセス>
最近新しく空港ができ、バンガロールから
プロペラ機の定期便があります。
デリーから直行便は無いので、
バンガロールから乗り換えるか、
チェンナイまで直行で飛んでそこから車での移動となります。

<旅行シーズン>
年間を通して、チェンナイと同じ様に高温多湿。
4月~6月が厳暑の時期、
10月~12月が雨季となります。
これらを外せば、良いと思います。

すしまるさん、ありがとうございました!

インドのデリーで旅行会社を経営されている
すしまるさんのブログ「すしまるブログ」
http://ssmaru.blogspot.jp/
ポンディシェリーについての記事
http://ssmaru.blogspot.jp/2015/10/2.html

皆様もどしどし、
radioあっとensemblefr.com まで
番組へのご要望、ご質問何度でも受け付けますので
お気軽にご連絡ください(*^。^*)

沢山のお便りをお待ちしております!