オンラインフランス語教室アンサンブルアンフランセ

通訳案内士試験対策

フランス語の国家資格を取得して仕事の武器にしたい

『通訳案内士』は、外国語に関する唯一の国家資格です。

外国からの旅行者に同行し、外国語で日本を案内することを職業とするために必要な資格で、通訳案内士の試験に合格するにはフランス語の高い語学力に加え、日本文化の豊富な知識と、添乗員さながらの気配り、そしてサービス精神が求められます。

アンサンブルで磨きをかけたフランス語を、仕事で生かしてみませんか。

授業について

試験対策は、過去問題を講師と一緒に解きながら、間違えたところについてはその都度講師が説明を加えていく手法で進行します。

毎回レッスンの最後には、間違いが見られた箇所の文法を課題にした宿題が出されます。講師の手厚いサポートの下、試験合格に必要な知識を確実に習得します。また、フランス語の新聞や雑誌の記事も教材にして勉強します。

まず講師が一度記事を音読し、内容について質問しますが、 これはフランス語の文章を聞きながら内容を理解する練習です。その後、生徒様にも記事を音読していただき、和訳をお願いします。講師はその都度発音矯正を行い、記事の中に見られるフランス語ならではの言い回し等を、分かりやすく説明します。

最後には、生徒様に記事をフランス語の口頭と筆記で短くまとめていただきます。 文章を異なる言語に訳す時に大切なのは、原文に沿って直訳するのではなく、相手の言語の中できちんと意味が通るように工夫して訳すことです。意味が正しく伝われば、多少単語を変えたり入れ替えたりしても良いのです。

以上のような練習を通し、専門用語も習得しながら、 通訳案内士に必要な「聞く、話す、読む、書く」の全てを同時に上達させることができます。

通訳案内士について

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2011年4月1日現在の登録者数は15,371人に達しています。

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、仏語、西語、独語、中国語、伊語、ポ語、露語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験可能。2010年度の試験には932人が合格しました。

外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、”民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。 詳細はこちらをご覧下さい。

通訳案内士担当講師 〇経験あり △対応可能

講師名 通訳案内士
Akiyo
Alain
Arnaud
Cécile
Chantal
François
Frédéric
Jeanne
Joseph
Jun
Mathias
Matthieu
Mélodie
Michiko
Miyuki
Mylène
Nelly
Nico
Pierre
Priya
Pierre
Sébastien
Thibaut
Vanessa
Yohann

※は、現在新規の生徒様を担当できない講師となっております。何卒ご了承下さいませ。