「国籍も宗教も国境も超えた世界的人権保障にかかわる 研究者になる!」スカラシップ制度第1期生【中川瑛】さん

アンサンブルでは「夢を持つ人を応援したい!」という
代表三上の熱い思いよりスカラシップ制度を2016年に実施しました。
http://ensemblefr.com/scholarship

6か月にわたり当校のビデオ講座とSkypeレッスンを提供し、
フランス語学習のサポートを通して夢を応援するというプロジェクトです。

100名を超える応募者の中より、書類審査そして面接を通して
8名の合格者の選別を行いました。

今日はその栄えある第1期生の中川瑛さんをご紹介します!




中川瑛さん

現在中央大学5年生→詳しいプロフィールはこちら

~アンサンブルが選んだ中川さんの思い~

僕は法/政治哲学を研究している大学生です。
国籍も宗教も国境も超えた世界的人権保障に携わる研究者になるために、
英語は当然のこととして仏語(とドイツ語で:現在3級)
活躍出来る人材になりたいと思っています。

研究者といっても研究室に閉じこもって研究するだけではありません。
現在は知的好奇心に優しい社会を作ることをコンセプトに
知の見取り図というサービス(http://mitorizu.jp)の運営と、
それに伴って高校生、大学生、大学院生、社会人が知的な交流をする
サロンを全国(大阪、名古屋、東京、石川)で開き、
高校生が納得して学部選択をするために
学問と社会の接続点を伝える学部選択白熱教室もやっています。

僕の人生のテーマは「知的好奇心」「チャレンジ」です。
このスカラシップ制度を通し仏語力をもっともっと高めて、
研究出来るところまで持って行きたいと思っています。

«
»