「日本の技術でアフリカの貧困問題を解決したい!」 スカラシップ制度第1期生【中村嘉孝】さん


アンサンブルでは「夢を持つ人を応援したい!」という
代表三上の熱い思いよりスカラシップ制度を2016年に実施しました。
http://ensemblefr.com/scholarship

6か月にわたり当校のビデオ講座とSkypeレッスンを提供し、
フランス語学習のサポートを通して夢を応援するというプロジェクトです。

100名を超える応募者の中より、書類審査そして面接を通して
8名の合格者の選別を行いました。

今日はその栄えある第1期生の中村嘉孝さんをご紹介します!




中村嘉孝さん

現在神戸大学4年生→詳しいプロフィールはこちら

~アンサンブルが選んだ中村さんの思い~

私の夢は、仏語圏アフリカの貧困問題
日本の技術を伝えることを通じて解決することです。

私は石川県の和菓子屋の息子として生まれ、
職人の生き方に憧れを抱きながら育ち、
実家の倒産を通して貧困の問題を肌で感じながら今日まで生きて来ました。

私自身は、運よく多くの方の援助を頂いて大学に進学し、
比較的自由に自分の人生を選択してくることが出来ました。
しかし、一方で、貧困を理由としてそれが叶わない人が
世界には数えきれないほど存在していることも知り、
特に仏語圏アフリカには発展が遅れている国が

多く貧困の問題が根強く残っていることを学びました。
私は、苦境に立たされた時に、自分に手を差し伸べてくれた恩人たちのように、
今度は自分が手を差し伸べる人間になろうと決め、今の夢を掲げています。

 

«
»