【発音規則についておさらい】 “エリズィオン”  

アンサンブル講師のHibikiです。

「発音規則シリーズ」、最後はエリズィオンです。 

これは他の二つに比べるとやはりちょっと癖があります。
リエゾンもそうでしたが、このエリズィオンも、
いかにもフランス語らしい規則と言えるかもしれません。

ご存知の通り « me », « te », « se », « le », « que » などの
« e » で終わる短い単語や、
限定的に « la », « si » などの単語で
母音が落ちてアポストロフに替わる (m, t, s, l, qu ) ことを
エリズィオンと言いますが、
フランス語では定冠詞つきで書けば « l’élision »
まさにここでエイズィオンが起き、
 
« la l »となっているわけですね。
これもなんでそうなるのか、
ちょっと考えただけではわかりません。
けれど実は意外とシンプルで、
以外にも発想はリエゾンと同じなのです。

つまり、
「母音衝突を避ける」のが目的として常にあるということですね。
ただ、リエゾンは
「二つの母音の間に子音を挟む」ことによって母音衝突を避けるのに対し、

エリズィオンは
「二つの母音のどちらかを消す」のが異なるところです。

でも、なんでそもそも、そんなに母音衝突を嫌うのでしょうか?
それはフランス語特有の 発音しやすさ の基準にあります。

少しややこしい説明になってしまいますが、
子音(consonne)C、母音 (voyelle)
V とすると、
フランス語において発音しやすいのは CV構造
つまり「CVCVCV」と子音と母音が一個ずつ交代で現れるときだと言います。
(なんだか少し日本語にも似ていませんか?)
だから「VV」になったら C を挟んで「VCV」にしたり(リエゾン)
あるいは「CVVC」の V を一つとって「CVC」にしたり(エリズィオン)するのです。
ところで、エリズィオンでいちばん省かれやすい母音字はなんでしょうか?
もちろん « e » ですね。
このアルファべはなかなかの問題児で、
ここでは扱いきれないのでまたの機会に^^

 

応援のクリックをお願いいたします♫
Skypeレッスンでお会いしましょう
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com


 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中△
 
 http://info.ensemblefr.com/

△フランス情報なら FRANCE 365 △
 

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△

 

«
»