あの日から11日、現在のパリの状況

Bonjour !
スタッフMIKIです。
パリで起きた悲しいテロ事件から11日が過ぎました。

今回は現在のパリの状況をお知らせします。
メトロやRER(高速郊外鉄道)はいつもより乗客が少なく、
若干深刻な、こわばった表情をした人が多いです。

テロ攻撃が集中した11区のカフェには人は戻りましたが、
そわそわした感じの方が多いのは否めません。

マルシェなどでは、お店は通常通り人が並んでいますが、
いつもより活気が少ないように感じました。

しかし、
そんな落ち着かない状況の中で一人一人が、
テロの恐怖を乗り越え、
前を向くためにはどう今を生きるか、
真剣に自分に問いただして生活しているように思います。

そして、オランド大統領が下した今回の決断については、
賛否両論ですが、
私の周囲のフランス人は概ね賛成しています。

その理由は、
「大統領が決めたことだから支援すべき。」
「フランスはこのまま黙っておくわけにはいかない。」

フランス人はみんな毅然としている。
そして愛国心が本当に強い。

心から感じました。

これからも時々、
パリの状況をお伝えしますね。

«
»