どういう時に使うかいまいちわからないフランス語

Bonjour !
アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。
フランスで生活していると、頻繁に同じ表現を耳にすることがあります。

留学初期には、「頻繁に耳にする」
表現を使っている先輩留学生を見ると

「すごいなあ」
「自分も使ってみたいなあ」
「かっこいいなあ」と憧れを抱いていました。

例えば、
「en fait」(実は…)、「en effet」(その通り)など。

特に僕が「かっこいい!」と思った表現は
「enfin」

沢山ある意味の中でも、前言の訂正や緩和の時に
「(というか)むしろ」
「(とは言ったけど)でも」と使う場合。

あまりにさらっと言う為、
「ファン…」しか聞こえません。

そのさらっと感がたまらなく魅力的で
「いつか自分も言ってやるぞ!」と思ったものです。


さて、
そんな表現の中で、
意味は解っているけど、

日常会話でどういう時に使用すればいいかわからず、
どうしても馴染めなかった表現があります。

それは…

Justement 

副詞:
1.ちょうど、まさに、だからこそ 
2.正当な理由があって 
3.的確に

この1の「だからこそ」。
だからこそって何?
そもそもexactement と何が違うの?!
と周りの人を困らせたことがあります。


– Aller à la piscine ? Mais je ne peux pas nager.
– Justement !
「プールに行けだって?泳げないのに?」
「だからこそ!」⇒
プールに行って泳ぎの練習をするんだよ!という意味

これを理解するまでに
相当な時間を要したのを今でも覚えています。

こういった、
日常的に頻繁に耳にする言葉というのは、
その言葉の持つ意味を正しく理解することは当然ですが、
考えなくても言えるようになるまで

「慣れる」ことが必要ですよね。

最初のうちは怖がらず、

とにかく事あるごとに口にして、
間違いもたくさん経験して、

口と頭、
両方で習得できるように頑張りましょう!

皆さんは
よく耳にするけど何だか使い方がわからない

フランス語はありますか?




«
»