まるでモネの絵画の中のよう!ジヴェルニーをご紹介します☆

Bonjour à tous !
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

印象派の画家、クロード・モネ(Claude Monet)の家がある
ジヴェルニー(Giverny)に行ってきました。

パリから電車で1時間ほどで行ける、
小さな街ですが、本当にモネの絵画の中に入り込んだような、
光と花があふれる素敵な街でした。

地図で場所を確認しましょう。




左上の赤い印がついているところがGivernyです。(Google Map より引用)

パリからは、サン・ラザール(Gare de Saint-Lazare)駅から
TERもしくはIntercitésという電車に乗って、
ヴェルノン=ジヴェルニー(Gare de Vernon-Giverny)駅で降ります。

所要時間は45分ほど。

ノルマンディー地方に入ってしまうため、
ナヴィゴ(Carte de Navigo イル・ド・フランス内で有効なパス)は使えないため、
必ずサン・ラザール駅で乗車券(約14ユーロ)を購入してくださいね。

ヴェルノン=ジヴェルニー駅で下車をしたら、
ジヴェルニー行きの直通バスが駅前に停まっているので、乗り換えましょう。


片道5ユーロ、往復10ユーロで、バス乗車時にチケットを購入します。

徒歩でも1時間ほどの距離なので、時間に余裕がある、
散策しながら行きたい、という人は歩いてみるのもいいかもしれません。

さあ、それではジヴェルニーの様子をご紹介しましょう☆



クロード・モネ通り

さっそく、モネの名前がついた道が出迎えてくれました!




道沿いはきれいな花で覆われています。

モネの生家へ向かう道には、きれいな花々が咲いていました。




お土産屋さんも、とにかく花・花・花!




のどかな風景が続きます。

見晴らしのいいレストランで昼食をとりました。
こんなところに住んでいたら、絵の一つでも描きたくなります!




モネの部屋。飾られている絵はレプリカです。

モネが1883年から晩年の1926年まで過ごした家と庭園を訪れることができます。
大人:6ユーロ
学生:4.5ユーロ
12歳未満:3.5ユーロ
詳しくは、→フランス観光開発機構のHP←をご覧ください。




モネの日本画コレクション。

浮世絵などの日本画が所狭しと飾られていました。
さすが、「Les Amis de l’Art Japonais」(日本美術愛好者の集い)の会員だっただけ
ありますね。




モネが愛した庭園。美しいの一言に尽きます。




「睡蓮」のモデルの池。

有名な「睡蓮」の池は、本当にモネの絵のそのままで、
まるで絵画の中に入ってしまったかのような錯覚に陥りました。

日帰りでもゆっくり楽しむことができる、ノルマンディー地方のジヴェルニー。
パリを訪れたら、ぜひジヴェルニーにも足を運んでみてくださいね!

 

«
»