アンサンブルテキスト通信9 数字の発音特訓テキスト2 (30-59) のご紹介

Bonjour ! Tout se passe bien pour vous ?

アンサンブルテキスト作成リーダーのMiwaです。

今回のテキスト通信でご紹介させていただくのは…

数字発音・早読み特訓テキスト(全9部)より

2. De 30 à 59 (30から59まで)

30~59ねぇ…、1~100の中では比較的易しいほうじゃない?
と思いますが、そのイメージゆえに記憶が疎かになりがち!!

うん、それわかる!!と思われた方にお勧めなのがこちらのテキスト。
以下の特徴毎に、30~59の数字制覇へと導いてくれます。

30、40 et 50

これらの「0」がつく数字は各段の土台となるのでとても大切!
でもこの3つがなかなか覚えられないという生徒様が多いです。

うっかりど忘れしてしまった時に思い出す手がかりになるよう、

各数字の成り立ち 

語尾に共通している発音 などなど、

分析を交えて発音を練習するので記憶にしっかり残るはず!

 31、41 et 51 

1がつく数字は et が入ることで発音に特徴がありますよね。

そして、後ろに来る名詞が女性形の場合は

un → une

へと変化するため、文法面でも注意が欠かせない数字です!

発音の特徴とunの語形変化、例文も3つご用意していますので、
講師としっかり練習しましょう!

そして…

 38、48 et 58 

8がつく数字も3つ一緒にまとめました、なぜだと思いますか?

それは、

「無音のh」から始まる数字 8 (huit) は直前の子音[t]
リエゾンを起こすために注意が必要だからです。

Trente-huit, Quarante-huit, Cinquante-huit

同じ発音の特徴を持つ数字をまとめて練習することで、
より集中して発音が身につくこと間違いなしでしょう!

テキストの最後は、

30~59の数字がランダムに入った文

を発音させるまとめの練習問題を15個用意していますので、

実践練習までしっかりサポートしてくれる、まさに
至れり尽くせりのテキストです

たくさんのダウンロード、心よりお待ちしています!

ちなみに、テキストダウンロード用のリンクですが…
アンサンブルの生徒様に毎週水曜日にお届けする
アンサンブルテキスト通信に貼っておりますので、
そちらよりダウンロードしてくださいね^^

ではまた、次回のテキスト通信でお会いしましょう、
A la prochaine !!

Miwa

 

«
»