ケベックに行ったら petit déjeuner がない!ところ変われば、フランス語も変わる!?

Bonjour ! アンサンブル講師のAkiyoです。

昔、カナダのケベック市に1ヶ月滞在していたときに
多様なフランス語の一部に触れました。
その時の個人的体験談に少しお付き合い下さいませ。

ケベコワフレンチ・・・って、
その名前だけは聞かれたことがあるのではないでしょうか。

フランスのフランス語とは相当違います

何より発音が大きく異なりますが、
使用する単語や表現もあれこれと違いを感じました。

最初に戸惑ったのは、食事に関する語。

フランスでは、

朝食 petit déjeuner
昼食 déjeuner
夕食 dîner

ですよね。

ところが、ケベックに行ったら petit déjeuner がない!

ケベコワは朝食を食べない・・・のではありません。

朝食 déjeuner
昼食 dîner

と一つずつずれて、

夕食を souper

というのです。
(ちなみに souper はフランスでは夜食です)

déjeuner や dîner と言われるたびに混乱していましたが、
帰る頃にはすっかり慣れて、
自分でも souper とか自然に言うようになっていました。


しかし、これはケベックだけではなく、
フランスのお隣ベルギーでもケベック式なそうです。


アンサンブルの生徒さんには、
フランス語圏在住の方もとても多いです。

様々な国にお住いの皆さんの土地では、
どのような違いがあるのでしょうか?


 

«
»