スイーツ好きは必見!あると便利、Parisに持って行くべきアイテム

スイーツ好きは必見!あると便利、Parisに持って行くべきアイテム

Bonjour tout le monde ! フランス語講師のMiwaです。

先日、久しぶりにParisに1泊2日で滞在する機会があったので
「前からやってみたかったこと」をいくつか実行しました!

そのうちのひとつが、
有名パティスリーのお菓子を食べ比べること♡

世界的に知られる凄腕パティシエがお店を出しているParis、
中でも私が個人的に最も関心を寄せていたのが、

Pierre Hermé!
詳細はこちらをクリック。

紙袋といい、箱のデザインといい、すでに洗練されていますね。

今回はオペラ大通りのブティックに立ち寄りました。
宝石のようなケーキたち!に出会えると思ってワクワクしていたのですが、
オペラ店の販売はチョコレートとマカロンのみ(涙)

それでもせっかく入ったので、
色とりどりのマカロンの中から4個選びました。美しい☆

 

左からレモン、チョコ&パッションフルーツ、ライチ&フランボワーズ、
そして王道のチョコレート!
中でも、ピンク色のマカロンはIspahan(イスパハン)という名前で、
Pierre Herméといえば!の代表作です。
Ispahanの構成要素は3つ、
ローズ風味のビスキュイ+ライチ風味のクリーム+フランボワーズ(木苺)。
これを本当はガトー(ケーキ)で食べたかったのですが、今回はマカロンで。
口に入れた瞬間ライチの風味がぱーっと広がったかと思うと、
木苺の酸味が現れて、ローズも優しく香って、絶妙なハーモニーです♪
酸味と甘さのバランスも素晴らしく、こんなに美味しいものがこの世にあるのか…
というほど感動しました!
やっぱり天才パティシエが生み出すお菓子はレベルが違いますね、
どの要素もしっかり主張しているのに、くどくなく、上品さを保っています。
チョコ&パッションフルーツのマカロンも絶品でした!
ぜひ食べていただきたいです、日本にもブティックがあるんですよね?
最後に、Parisで有名パティシエのガトーを食べ比べしたい方に、
ぜひ持って行っていただきたいアイテムがあります。それは、
 
使い捨てができる食器類!
実は、Parisの有名パティスリーにはイートインができる
サロンドテ(Salon de thé)が無く、ホテルに持ち帰るしかないのです。
ホテルの部屋には当然食器類は置いてありませんから、
マカロンならまだしもケーキを美味しく上品に食べたい場合は、
ぜひ使い捨ての食器を何セットか持って行かれることをお勧めします!
他にも、夕飯をお惣菜とパンで軽く済ませたい方、
日本のようにお店やスーパーでお箸やフォークなどはもらえませんので、
スーツケースの中に使い捨ての食器を忍ばせておきましょう☆
次回こそは、Ispahanのケーキを食べに行きますp(^o^)q
«
»