スティックにそば粉に…クイニーアマンの進化形を本場からご紹介

スティックにそば粉に…クイニーアマンの進化形を本場からご紹介

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のMiwaです。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今回は、私が住んでいるフランスの北西に位置する地方、
ブルターニュ(Bretagne)を代表する郷土菓子で日本でも見かける
クイニーアマンの進化形を本場からご紹介します♩
日本ではカタカナで「クイニーアマン」と書かれ、発音されますが、
フランス語では、いやいやブルトン語では
Kouign amann
という2つの単語から成る名前です。
発音は「クイナマン」に近いですが「クイニャマン」でも通じます。
もともとフランス語の名前ではないからでしょうか、
少々適当に発音しても通じるので助かります(笑)
kouign(クイン)はフランス語で”pain doux”(柔らかいパン)、
amann(アマン)は”beurre”(バター)を表すそうです。
その名のとおり、ブルターニュ特産のバターをたっぷり使い、
小麦粉、砂糖、バターというたった3種類の材料で作られるお菓子で、
日本でいう「デニッシュ」をさらに甘くこってりさせた感じです。

 

バターと砂糖がオーブンの熱でキャラメル化し、
端や表面が香ばしくカリカリになってとても美味しいです♡
本場のブルターニュにはクイニーアマンの名店が数多くあり、
形も味も進化しつつありますが、最近特に気に入っているのが下の2つ。
スティックタイプとそば粉入り!

 

ブルターニュ最西端の大都市、ブレスト(Brest) にあるベーカリーカフェ
“Terre d’Embruns”(海飛沫の土地)の珍しいクイニーアマンです。
スティックタイプは軽めでサクサク、
そば粉入りは香ばしくて中がしっとりです、どちらも美味!
高カロリーで胃にもたれるイメージのクイニーアマンですが、
このお店のは口当たりが軽く食べやすいので、周りにオススメしています。
他にもチョコレートやジャムが入った一口サイズや、
ドライトマトやオリーヴペースト入りの「おつまみ系」もあります。
クイニーアマンの本場、ブルターニュにお越しの際はぜひ、
オーソドックスなものから進化 形まで色々と味見してみてくださいね。
そして摂取したカロリーは、観光でたくさん歩いて全部消費しましょう(^o^)/
Vous serez bienvenu(e) en Bretagne !

«
»