ニースで…映画の主人公のように「朝食」!?

Bonjour ! スタッフMikiです。

今回は、南仏の街Nice(ニース)でいただいた
le petit-déjeuner(朝食)についてお話ししたいと思います。

皆さんもよくご存じだと思いますが、
ニースはたくさんの映画の舞台となっている特別な街です。

私も数々のフランス映画を見てきましたが、
その中で何度となく登場するニースの美しい街並みを見て、
私もいつかあの映画の主人公みたいに、
ニースの海岸沿いで朝食を食べてみたい

と、思いを馳せていました。

そして先月のニース小旅行でついにその夢が叶い、
なんと3日連続で朝食を取る機会が!
しかし誤算もありました…

映画の主人公が楽しんでいた優雅な朝食は
ニース海岸沿いの高級ホテルのもので、非常にお高いのです!!!

朝食なのに軽く20ユーロ前後します。

イメージでは
金髪ボブ・毛皮・ルイヴィトンに身を包んだマダムと
スーツを着たムッシューが何も語らずゆっくり朝食を取る…
映画でも実際そうだったのですが、
あの朝食は20€もしたのか…

私の場合、朝はパンひとつでOK派なので、
朝食にランチ並みの20ユーロはどうしても抵抗があります。

ということで、考え方や予算の都合もあり、
私は映画の脇役(エキストラ)の朝食でいいや!と割り切り、
海岸沿いとはいえ朝食をもっとリーズナブルにいただける場所を探しました。

例えばこんな感じ。
 冬でもこのように海を見ながらオープンテラスで朝食がいただけます。
(寒くて私は断念しましたが…)

 

カジノが近くにあるので、高級車も眺められますね。

 

私は選んだレストランはこちらです。
室内とはいえガラス張りで海がよく見えるのがいいですね。

 

来ました、ニースの朝食です!
内容は café au lait(カフェオレ)、croissant(クロワッサン)、
petit-pain(プチパン)、jus d’orange pressé(生絞りオレンジジュース)、
omelette(オムレツ)で10ユーロ程度でした。

 

オムレツはこちらです。
お味は日本で食べたことのあるような、親しみのある味でした。

 

冬の南仏は観光シーズンではないため、
カフェを訪れる方は地元の方ばかりでした。
ニースに住んでいる人たちの会話を聞くのはある意味新鮮で、
とても耳心地が良かったです。
コートダジュールの海を眺めながらゆったりといただく朝食

ずっとこれを夢見ていたんだな、としみじみ思います。

そしてまあ、カフェのお客さんも外を歩いている人も、
みんなとってもおしゃれなことおしゃれなこと…
着こなしが本当にエレガント。

寒さのあまり「防寒重視>おしゃれ」な自分の服装に
何とも言えない恥ずかしさを感じました。

次回この街に来るときは、私も誰かに
「あの人おしゃれ、エレガント!」と言ってもらえるよう、
日ごろから身だしなみに気をつけようと思いました。

外での朝食は独特な良さがありますね、
朝日の心地よさや午前中の澄んだ空気が気持ちいいです。

皆さんも時々「外でゆっくり朝食」、いかがでしょうか?

 

«
»