ニース郷土料理を堪能するなら、この看板のあるお店へ

今回はイタリア国境に近い南仏の都市、
Nice(ニース)の郷土料理をご紹介します。

イタリアに近いだけあって、郷土料理もイタリアを感じさせます。

ハーブ、ニンニク、トマトをベースとし、
オリーブオイルがたっぷりと使用されています。

では早速写真でご紹介していきます!

まずはこちら、
ニース郷土料理の前菜盛り合わせ

写真ではそれほど大きく見えないかもしれませんが、
ボリュームたっぷりでした!

手前のパテのような四角いものは Pissaladière ピサラディエール。
たっぷりの玉ねぎ、オリーブ、アンチョビが乗ったピザ風の郷土料理です。

左上の四角いものはひよこ豆のSocca ソッカ。
ひよこ豆(pois chiche)の粉に水とオリーブオイルを混ぜて焼いたガレットです。
フライドポテトのように見える細長いものはPanisseパニス。

こちらもひよこ豆がベースの生地をスティック状に切り、油で揚げてあります。

そのほかパプリカに、トマトに、南仏野菜がてんこ盛り!

続きまして、
シャルキュトリ(charcuterie食肉加工品全般の総称)盛り合わせ
 
 

シャルキュトリcharcuterieという言葉は、
chair(肉)+cuite(火を入れた)、が語源です
ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなど、ワインとの相性ばっちり!

 

 

これらのヘルシーでボリュームたっぷりな郷土料理を
オープンテラスの席で堪能しました。

 

お店の黒板メニューです。
 
こちらの看板
Cuisine Nissardeが意味するところは…
 
「伝統的なニース料理を守っています」という証です!
このような看板があると、安心してお店に入ることができますね。
お店の周辺はこんな感じです。
 
たくさんのレストランやカフェが立ち並び、活気に満ちていました。

皆さんもニースを訪れる機会があればぜひ、
郷土料理絶対食べてくださいね。

Cuisine Nissardeの看板をしっかりチェックしましょう☆

ニースの郷土料理はロゼワインとの相性抜群で、
病みつきになってしまうこと間違いなしです(*^^*)

スタッフMiki

«
»