バカンス時期は眠らない、南仏の町 Le Lavandou

大騒動になった山火事もようやく落ち着いたので、
バカンスの滞在先Le Lavandouの夜を満喫しに出かけました。

バーのテラスに到着した時は20時30分だったので、まだまだ明るいです。
この日はすごく暑かったので、アイスコーヒーをいただきました。

このお店はインド系のカフェだったので、アイスコーヒーがありましたが、
フランスのカフェには一般的にそんな飲み物はありません。

こちらで飲んだアイスコーヒー、日本のすっきりした苦さを期待しましたが、
甘いシロップがこれでもかと入っていて…半分以上残してしまいました。

夏がどれほど暑い場所でも、
こちらのカフェではほとんどクーラーがついていません。
クーラー付きのお店は入り口に

Salle crimatisée (冷房付きの設備です)と書かれていますが、
日本ほどひんやりせず、まあ体に優しい温度設定といったところです。
死ぬほど暑い日には少しでも涼しいほうがいいので、お勧めです。

高級レストランは冷房完備のところが多いと思いますが、
涼みたいからといってランチに50ユーロ以上払うというのも、
なんだか違う気がしますよね。

空調以外でも、フランスではカフェに入って冷たいドリンクを頼んでも、
運ばれてくるときにはすでにぬるくなり始めていたり、
アイスクリームも最初からフニャフニャで最後は液状になっていたり、
キーンと冷たいものにありつけるのは稀ですね(^^;)

ソフトドリンクの氷も、1個入っていればマシなほうで、
氷無しで運ばれて来ることなんかザラにあります。

どうしても氷が入っていないと嫌だ!という時は注文時に
Vous pouvez mettre des glaçons ?
(氷を入れてもらえますか?)と念を押します。

あれ、気が付けば愚痴を並べていましたが、
カフェで一休みした後は夏の名物、観覧車に乗りました!

フランスの観覧車(移動遊園地にあるタイプ)は
ゴンドラが球体ではなく、
コーヒーカップの乗り物に入って座るだけ。

身を乗り出せば外へ真っ逆さまなので、セキュリティー甘いです!
その辺は自己責任ということなんでしょうね。

ともあれ、夜風を肌に感じることができるのは気持ちがいいです。
日本の観覧車と違って速度が速く、
人を乗せるときは一時停止するので、

けっこう高い場所で数分待たされることもあります。

その代り、3~5周ぐらい回ってくれます。

私は愛犬と一緒だったので、
乗る前に犬を置いていこうとしたら、

係員の人に

「犬も一緒でいいから、乗りなさい」と言われ、

「いやでも…」と迷っていると、

「大丈夫!みんな乗せてるから!」となんとも強引(^^;)

当の愛犬はビビりまくっていましたが、
皆で助け合って無事に乗ることができました。
私たちは愛犬が外に飛び出さないようにしっかりと
リースを掴んでいたので、愛犬が外の景色を楽しむことは
残念ながらありませんでした…

観覧車から見たLe Lavandouの町です。

 

瓦屋根の色など、統一感がある町並みって素敵ですね♪

Le Lavandouだけでなく、
南仏の夜はとにかく眠りません。

バカンス時期も相まって、
夜が更ければ更けるほど人が増えていきます。

小さなお子さんを連れてバーで飲んでいる人もけっこういるのですが、
まあ夏休みだし大目にみているというところでしょうか。

大人も子供もフランスの短い夏を思い切り満喫しようと、
夜遅くまでとことん楽しんでいるのかもしれません。

私も一緒に…と言いたいところですが、
夜が弱い私は結局、22時に過ぎは家路についたのでした。

いつか夏の南仏に訪れる機会があれば、
昼間の太陽だけでなく

夜の活気あふれる雰囲気もぜひ楽しんでくださいね♪

«
»