バレンタイン・デー 〜日本とフランスの大きな違い〜

Bonjour à tous,
Mardi prochain, c’es la St Valentin, n’est-ce pas ?
En France, pour qui cette date est-elle importante ?

皆さんこんにちは、アンサンブル講師のMiwaです。

2月といえば日本女子に大事なイベントがありますよね!
そう、2月14日の「バレンタイン・デー」です

フランスでは…

 

 la Saint Valentin(ラ・サン・ヴァランタン)ですね。
日本でのバレンタイン・デーというのは、

女性が想いを寄せる男性に愛を告白する日

と認識されていると思います。

そのための必須アイテムとしてこの時期店頭に並ぶのが、
皆さまもご存知のチョコレート(le chocolat)ですよね?
しかもチョコレートを贈る相手は好きな男性だけに限らず、
家族や友人、会社の同僚にもプレゼントするのが一般的で、
「義理チョコ」「感謝チョコ」なる言葉も生まれたほど。
なので日本女性にとってのバレンタイン・デーというのは、
愛を告白するきっかけの日という意味では大切なのですが、
「知人の男性にチョコレートを贈らなくてはならない日」、
だと思うと面倒に感じる人も決して少なくはないはず。
じゃあフランスのバレンタイン・デーはどういうもの?
日本と同じなの、違うの?
と思われた方にお答えします。
フランス人にとっての2月14日は、
カップル愛を確かめ合うための記念日です
ではどう過ごすかと言いますと、決まりはありませんが、
素敵なレストランでロマンチックに夕食を楽しんだり、
カップルがお互いにプレゼントを贈り合ったり、
男性が女性に大きな花束をプレゼントしたり…
あれ、チョコレートは?
そうです、フランス人にとってチョコレートというのは、
バレンタイン・デーの必須アイテムではないのです!
(クリスマスやイースターのほうがよく売れます、苦笑)
もちろん「プレゼントの一環として」バレンタインに
チョコレートを贈る人はいますし、有名ショコラティエも
バレンタイン用のチョコレートを毎年販売していますが、
日本ほどの需要は無いんですね〜
なので、フランスに住んでいると2月14日が近づいても、

日本で感じていた
「女性としてのプレッシャーや使命感」
が全くなく、気楽に構えられるので助かっています(笑)
ちなみに3月14日の ホワイトデー も存在しません。

あれは日本のお菓子業界が昭和40年代に考案したという、
「お菓子販売促進を狙った記念日」なのですよ…
日本人は本当にうまいことを考えますよね〜
バレンタイン・デーにまつわる日本とフランスの違い、
皆さまに楽しんで読んでいただけたなら嬉しいです





 

応援のポチしていただけるともっと嬉しいです
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

「とっておき France Infos」 仮オープン!
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします!

«
»