パリのお薦め、遊びながら科学を学べる大型施設「シテ科学産業博物館」

Bonjour à tous ! アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。 皆さんはパリと聞くと エッフェル塔やシャンゼリゼ通り、古い街並みを想像すると思います。 今回は、そんな古き良きパリの風景ではなく、 とっても楽しく遊びながら科学を学ぶことができる施設 Cité des Sciences et de l’Industrie (シテ科学産業博物館) をご紹介します。 場所は、パリの右上、19区の端っこにあります。
Google Mapより引用
ちなみに、この「cité」というのは、都市、都、団地、中心地という意味があります。 Cité de ○○というのは「○○団地」「○○都市」というですので、ついでに覚えておきましょう!
写真の撮り方が下手くそで、あまりよく分かりませんが、 ヴィレット貯水池(Bassin de la Villette)からずっと伸びていて、 近代的な建物に囲まれています。 最初に目に入ってくるのが
この銀色に輝く大きな球体。 とにかくめちゃくちゃ大きいので、 場所がわからない場合は、この銀玉を目指して歩きましょう! 中は一体どうなっているのかというと…
巨大な画面を持つ3Dシアターになっているのです。 この球体は、La Géodeといって、子供向けの可愛らしいアニメ映画から 大人向けの科学映画まで、20分ほどの作品が順番に上映されています。 この日見たのは、超大型ハリケーンの記録「Ouragan」。 ハリケーンの威力が大迫力で伝わってきました! この他には、クジラの生態を記録した「Baleines」、 氷河期の動物の様子がわかる「Titans de lâge de glace」 などがあります。 3Dとそうでないものがありますので、事前に確認しておきましょう。 La GéodeのHPは→こちら← さて、次はLa Géodeの向かいにあるシテ科学産業博物館へ向かいましょう。
Google Map より引用
ミニ水族館、シネコン、プラネタリウム、図書館、職業体験コーナー、職業案内書、展示場、ショッピングセンターなど、ありとあらゆる施設が入った巨大な施設です。 天井を見上げると複葉機などが展示されていて、 圧倒されてしまいます(写真がなくてすみません…)。 ここで、僕が目を奪われたのがこれ。
スカイダイビングを地上で体験できる、その名も iFLY。 めちゃくちゃ楽しそう!! でも、これ侮ってはいけません。
ぐんぐん上昇して…
10m 以上の高さまでぴゅーーーーーっ!
続きは、この動画で確認してみてくださいね。 残念ながら、僕ではありませんが、次回パリに行った際には是非試してみたいと思います! 動画は全編フランス語ですので、頑張って聞いてみてくださいね。 また、同じエリアには、 VRメガネを装着して歩きながら進んでいくシューティングゲーム施設なども 併設されているうえ、少し足を運べば出来上がったばかりのオーケストラホールなどもあるので、丸一日遊びつくせます。 是非一度訪れてみてくださいね。 シテ科学産業博物館のHPは→こちら←