パリ郊外の紅葉、どんな感じ?

Bonjour !
スタッフMikiです。
今回はフランスの紅葉について、写真と共にお話しします。
日本同様、フランスでも秋が深まるともちろん、
木々の葉が色づき紅葉が見られます。
現在のパリ郊外はこのような感じです。

写真だと葉っぱが色づいているのがわかりにくいですね…
だいぶ葉が落ちている木もあります、もう冬ですね。

ちなみに、11月9日はこのような状況でした!

家の外壁を這っているのはツタの葉でしょうか?

赤く色づいていて、家の様子といいお洒落ですね。

こちらは一面黄色です!(銀杏ではありません。)

一歩引いて全体を見ると、色のコントラストが綺麗ですね。

休日の公園はお散歩を楽しむ家族連れがよく見られます。

11月1日ごろ

日本ほど鮮やかではありませんがしっかり紅葉していますね。

ちなみに、紅葉はフランス語で
“les feuilles (rougies) d’automne”
などと呼ばれます。

 

もうパリでは朝夕の気温が一ケタ台になってしまい、
これらの公園の木々はすっかり枯葉状態で寂しいですが、
これから街頭はクリスマスイルミネーションで美しく輝きだします!

クリスマスイルミネーションのレポートも行いますね。

«
»