フランスでペットを飼う その1

Bonjour !
この度フランスで初めてワンちゃんを購入しました。
ワンちゃんを購入する時から、
フランスでの飼い方をご紹介いたします。
フランスにいるとペットを連れて散歩している人を見かけない日が無いと言えるほど、
ペットを飼っている人が本当に多いのです。
なんと・・・・
世界で一番ペットを飼っている人口比率が高い国です。
2004年、過去10年に国民の半数以上が、
何らかのペットを飼っているという統計が発表されました。
1          35,900,000
2          9,900,000
3          8,500,000
4          6,600,000
5     げっ歯類(うさぎ、ハムスターなど)     3,800,000

犬か猫がいる、あるいは両方いる、という家庭は約45%。
カフェのオープンテラスで、
ワンちゃんを足元に読書にふけるパリジャンヌなど、
皆さんが良く見かける光景ではないでしょうか。
(道の上のう○こも)
1位が魚というのはちょっと意外でした。
スタッフMikiがワンちゃんを購入しようと思った理由は、
他でもなく何年も前から欲しかったからです。
しかし、世界中を常に飛び回っているゆえ、無責任なことが出来ないのも事実。
最近、お世話になっている近所のマダムのワンちゃんが闘病の末亡くなりました。。
またワンちゃんを飼いたいけど、
高齢のため、もしご自身に何かあったらワンちゃんを悲しませてしまう。
Mikiがいないときは喜んで面倒を見るからぜひ飼いなさいよ!
むしろ毎日面倒を見てもいいわ!
という強力な後ろ盾があったからでした。
1、最初にネットでパピヨンを探しました。
パリから200km離れた田舎のペットショップにとても素敵な生後2か月半のパピヨンがいて、
週末に見に行くことにしました。
ちなみにフランスでは生後8週間の動物の売買は禁止されています。

 

高速道路をひた走り、
途中で昼食をとります。
ナビに従って向かったものの、
どんどん何もなくなり。。。。。
不安になります。
しかも霧が出ているうえに小雨
あああ!見つけました
ピンポンを押してもしばらく店主は出てきません。
予約をしていたにもかかわらずこれがフランスです。
何回も電話をかけてようやく中に入りました。
きっと忙しかったのでしょう。
パピヨン発見!
みんなすごくかわいいです
中に入ると子犬たちが沢山いました
続く

 

«
»