フランスと日本の「当たり前」の違い

Bonjour !
アンサンブル講師のMatthieuです。
 
私は20歳の時に日本について学びはじめました。
でもその時は、日本文化ではなく、
日本語にしか興味がなかったです。
 
単にその不思議な言葉を
どうにかしてマスターしたいとだけ、思っていました。
 
しかし、柔道と「北斗の拳」しか知らずに
東京に行くことになったときは、
まさしくカルチャーショックそのものでした。
 
日本文化に対する理解が足りず、
「お互い言葉は理解しているのに、なぜ通じ合わないのだろうか?」
と疑問をいだきました。

 

 
あとから、フランスと日本との「当たり前」は違うのだと気付き、
日本人の精神が知りたくなりました。
 
私の感じるフランス人と日本人の
「当たり前」の相違についてお話ししたいと思います。


言葉が理解できても、
通じ合うことは難しいです。

そのためには、精神を知ることが大事だと思います。


フランス人は対決を好みますが、
日本人はそれを嫌って避けることが、今になってなんとなく分かりました。


例えば、東京でホストファミリーと暮らしていたときに、
直接ではなく、第三者から注意されることがありました。
当時は、陰で文句を言われているかのように感じて、
何故じかに私に言ってくれないのかと、怒ってしまいました。


さて、皆さんはフランス人が誇りに思っている
franchiseのことはご存知でしょうか。
フランスに行かれた際に、文化の溝にはまり込まないように、
フランス人のエスプリを代表する、大切な表現を紹介します。


それは…
Se dire les choses en face. 
= 面と向かって言い分を言い合うこと。


相手に本音を直接言うことは
とても勇気がいることです。


よって、そのcourage(勇気)とfranchise(率直さ)は
フランスでは高く評価されます。


面と向かって相手に何かを伝えることが出来ますか?

 
«
»