フランスの美味しいBIOのチーズ、お味見レポート

Bonjour !

フランスのおいしいものといえば、チーズ(le fromage)ですよね。

地方によってたくさんの種類がありますが、
今回は私が最近ハマっている、
BIOショップで販売されている美味しいチーズをご紹介します。

※ BIO (biologiqueの略):オーガニック、無農薬

チーズはあまりにも数が多いので当たりはずれもありますが、
BIOのチーズは今のところどれも外れたことがないんです。
毎回すごくおいしい!と感じます。

BIOだけに、お値段もかなり高いので頻繁には購入できませんが…
それでも日本で販売されている価格の3分の一以下だとか?

フランス滞在中、
絶対にチーズは外したくないという方はぜひ、
一度「BIO」と書かれている食品店に足を運んでみてください。
後悔はきっとしない…はずです。

私がよく行くBIOショップのチーズ売り場です。
グルテンフリーのパンも販売されており、健康志向ですね。

こちらにずらっと並んでいるチーズは、言わずもがなすべてBIOチーズ。
綺麗に展示されていて、チーズ好きにはたまりません。
全部味見してみたくなるので、財布のひもが緩んでしまいます。。。
反対側にもズラリ、チーズ好きには宝箱に見えます!
今回最も魅力を感じたのはこちら。
なんと、トリュフ(la truffe)入りのチーズです!
1㎏56.8ユーロ…日本ではこの3倍以上するので、
ぜひフランス滞在中に味見したいですよね。
子どもから大人まで人気のコンテ(Comté)もあります(写真中央)。
この日は6種類のチーズを購入しました!
わかりやすいようにタグを載せましたが、読めるでしょうか?
ではこれからグルメレポートです。
チーズは食べる1時間前には冷蔵庫から出しましょう。
風味やコクがしっかりと味わえますよ。
冷たいままだと風味が十分に感じられないので要注意です。
トップバッターは
COMTE AOC 18 MOIS LAIT CRU-45% MG
18か月熟成されたコンテです!
コク風味ともに極上の味わい、一口食べたら最後、
目の前にある限り手が止まりません。
続きまして、
TOMME ARAMITS BREBIS 37%MG THERM
コンテよりもあっさりしたフレッシュなチーズです。
しっかりとクリーミーな味わいは残しつつも、
自己主張のある後味の良いチーズです。
そして今回の目玉!
GOUDA VACHE L,PAST TRUFFE 50%
粒のトリュフが香ばしく、あと引く感じのコクと
若干堅めの歯ごたえが心地よく、噛むたびに味わいを増します。
4つめのチーズは
GOUDA VACHE L,PAST TRUFFE 50%
ブルゴーニュ地方で生産された、こちらもトリュフ入りチーズ
滑らかで香り高く、もうこれ以上ない贅沢で至福の一品。
イタリアのチーズもいただきました。
Gorgonzola DOP Lpast env, 1,4kg
熟成がちょうど良く、独特の香りと
口の中でとろける食感がクセになる美味しさです。
最後はヤギのチーズです。
CROTTIN TRAIS 45% MG 80G LAITCRU
まずはラベルが可愛らしいですね♪
フレッシュチーズ特有のさわやかな風味と
濃厚であと引くおいしさのハーモニーがたまりません。

言葉では到底この美味しさを伝えることは難しいので、
チーズ好きの方はぜひフランス滞在中に味見してくださいね。

焼きたてのバゲット(la baguette)と一緒に、至福のひと時をお楽しみください。

Bon appétit !

執筆 Miki

«
»