フランス大統領選挙2012 ②支持率No.1候補者

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のMiwaです。

2012年のフランス大統領選挙、第一回投票は4月22日、
もうあと2ヶ月というところまで迫ってきています!

先週はついに、現大統領のニコラ・サルコジ氏が
再選をかけた立候補を正式に表明したこともあり、
先週末から選挙戦は更にヒートアップ↑↑

しかし、サルコジ氏は現時点の世論調査によると、
支持率第2位…苦戦を強いられているんですね〜

ではNo.1候補者は誰かと言いますと、この方!!

社会党 (Parti Socialiste)代表の候補者、
François Hollande
(フランソワ・オランド)

※ 社会党は日本で言う「民主党」と同じ立場で左派、
サルコジ氏率いる「国民運動連合(UMP)」は右派で、
日本の「自民党」をイメージすると分かりやすいです。
PSとUMPはフランスの二大政党ですね。

フランスは1995年のシラク大統領当選以来ずっと、
右派による政権が続いているのに加えてこの大不況…
反対勢力の支持率が上がるのも無理はありません。

このオランド氏、フランス国民による知名度は高く、
社会党の党首を長年務めたリーダー的な存在ですが、
なんと過去に、

大臣になったことが一度も無いという点で、
国政の経験不足を著しく懸念されている…のは否めません。
もし彼が大統領に当選したら、国内外でいったいどれほど
実力を発揮できるのか、それはまさに未知数ですね〜

さてオランド氏といえばご存知の方も多いでしょうが、
前回2007年の大統領選挙で社会党の候補者だった、

Ségolène Royal(セゴレーヌ・ロワイヤル)氏と、
長年にわたってプライベートのパートナーでした。

オランド氏とロワイヤル氏は婚姻関係は持たなかったのですが、
4人の子供を授かり、2007年の大統領選後にほどなく破局…
今はお互い別の恋人がおり、オランド氏は選挙運動に時々、
現在のパートナーを同行しています。

この2人はまさに「フランス人カップルの現代像」
を体現していると言えますよね(苦笑)

それにしても、両親が2人とも大統領候補者なんて、
4人のお子さんはさぞかし鼻が高いことでしょう〜

大統領選のリポート、まだまだ続きます

応援のポチしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

「とっておき France Infos」 仮オープン!
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします!

 

«
»