フランス文学と映画「クレーブの奥方」は「美しいひと」?

Bonjour!
Ensemble講師のShokoです。

今日は17世紀の恋愛小説「クレーブの奥方」
その現代版映画「美しいひと」についてお話したいと思います。
 
 
「クレーブの奥方」La Princesse de Clèvesはラファイエット婦人によって1678年に書かれた小説です。女性がコルセットで締め上げてフリフリのドレスを着て、男性はかぼちゃズボンをはいている時代をイメージしてもらえばいいでしょうか。


また「太陽王」と呼ばれたルイ14世がヴェルサイユ宮殿に住んでいた頃でもあります。
 
 
 
物語を簡単に説明すると、クレーブ公と結婚した若いシャルトル嬢(クレーブの奥方)がナムール公と恋に落ちる。しかしそれは許される恋愛ではなかったため、クレーブの奥方は気持ちを隠し続け……というものです。
 
フランスの恋愛小説というと、欲望のままに突っ走るような激しいイメージもあるかと思いますが、これは違います。自分の感情を隠して、苦しみながらも実直であろうとする主人公がとてもけなげ。悲しいけれど、それでこその現実感があります。
 
 
 
さて「美しいひと」La belle personneについてですが、こちらは2008年にフランスで公開された映画です。監督はクリストフ・オノレ(Christophe Honoré)、俳優はルイ・ガレル(Louis Garrel)、レア・セイドゥー(Léa Seydoux)など。
 
 
実はこれ先ほど紹介した「クレーブの奥方」の映画化(Une adaptation du roman アダプタション ドゥ ろマン 小説の翻案という意味になります)したものなんです。
 
 
舞台は17世紀宮廷からなんとパリの高校へ!クレーブの奥方は美少女の転校生、ナムール公はその高校のイタリア語の先生に!なかなか思い切った飛躍です。ですが基本となるストーリーは同じ。
 
ちなみにレア・セイドゥーはフランスの大手映画配給会社パテPathé社長の孫娘にあたります。この『美しいひと』以来『ミッション・インポッシブル』4作目、2010年の『ロビン・フッド』、日本では20125月公開の『ミッドナイト・イン・パリ』などに出演し、今後もいくつもの映画が控えています。個人的に注目している女優さんです。
 
映画のLa bande-annonce(バンダノンス、でしたね!予告編)はこちら。
 
 
 
 
 ではでは予告編の中に気になる表現があったので取り上げてみてみましょう!
 
 
 
まず020のところですが、男の子3人組がなにやら話をしています。
 
C’est le moment ou jamais!
 
(セ ル モモン ウ ジャメ)
 
実はこの男の子のうちの一人、転校生の美少女ジュニーに一目ぼれ。告白する機会を狙っているんです。直訳すると「これが時機、もしくは決してない」になりますね。
 
つまり「今が告白するときだ!さもないと決して出来ないよ」という訳です。ちょっともじもじしている彼を友達が後押ししてくれています。
 
 
ということで、C’est le moment ou jamaisdeと動詞を付け足すと「今こそ~の時だ」という表現になります。
 
C’est le moment ou jamais de mettre mon projet à exécution.
 
(セ ル モモン ウ ジャメ ドゥ モン プロジェ ア エグゼキュション)
 
「今こそわたし計画を実行すべき時だ。」
 
 
 
それから最後の方の132のところです。いわゆる禁断の愛(?)の告白のシーン。
 
Je me suis perdu en toi.
 
(ジュ ム スイ ぺるデュ オン トワ)
 
このse perdreという代名動詞ですが、見えなくなる・消える・失われる・道に迷うなどの意味があります。しかしここではse perdre 前置詞en/ dansを付け足して、没頭しているという意味で使われています。
 
つまりこれは「君に夢中だった」という台詞だったのです!
 
なんで複合過去……とお思いの方もいるかもしれませんが、映画を見ればきっとわかるはず。
 
こういったフランス語特有の表現は、実際の会話や映画などでまるっと覚えてしまうのがいい方法です。フランス語の勉強の役にもたって、映画も楽しめて一石二鳥ですね!
応援のポチしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

「とっておき France Infos」 仮オープン!
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします!

 

«
»