フランス野菜が和風に! 【Endive(アンディーヴ)のおひたし】

Bonjour ! スタッフのMikiです。


アンディーヴという野菜をご存知ですか?
見た目は白菜を小さくした感じで、
長さは1015センチでしょうか。
 
日本ではたしか「チコリ」という名前で
売られていると思います。

冬が旬で、生でサラダにしてもよし、

煮ても焼いてもよしという万能野菜!

シャキシャキとした歯ごたえと
ほんのり甘苦い味が特徴で美味しいです^^

今回は私が家で「もう一品ほしい」時によく作る、

アンディーヴを使った
超簡単な「おひたし」をご紹介します!
・・・レシピは書くまででもないかも!?

でも一応…☆
 
~用意するもの~
アンディーヴ 1人小1個が目安

お好みで
・すり胡麻や鰹節
 
~作り方~
①アンディーヴを好みの大きさにカットする(1人小1個が目安)
  ※真ん中に太い芯があるので、

   その部分は薄めにスライスする。

②鍋に湯を沸かし塩少々入れ(無くても可)、アンディーヴを1分茹でる。

③ザルにあげて冷水で冷まし、手で余分な水気を絞って器に盛りつける。

④すり胡麻や鰹節などお好みの薬味をのせ、醤油をかけて召し上がれ♪
  ※醤油は食べる直前にかけましょう!
   そうしないと、アンディーヴから水が出すぎちゃいます!

★ポイント★
茹でることでアンディーヴの甘みが増します。
茹で時間を1分と短くすることでシャキシャキの食感が残ります。
 
ついつい病みつきになってしまう一品!

お近くでアンディーヴが手に入るという方、
簡単なので是非お試しあれ☆




 

 

«
»