モナコの穴場スポット!グレース公妃ゆかりの日本庭園

Bonjour à tous ! スタッフMikiです。

最近はモナコレポートをお届けしております。
さて皆さんは、モナコに「日本庭園」があるのはご存知でしょうか?

日本庭園といっても、海外にあるものは小規模なイメージがありますが、
この日本庭園は本格的!しかも、無料で楽しむことができるんです。

さっそく写真と一緒にご紹介…の前に、
まずはモナコ日本庭園の歴史をウィキペディアの抜粋よりどうぞ。

—————————————————————-
 

モナコ日本庭園は、
モナコ市ラルヴォット区グレース公妃通りに設けられた市営公園。
グリマルディフォーラムコンベンションセンターに隣接している。


庭園の面積は0.7haあり、茶室、石庭、滝なども備えた池泉廻遊式の庭園。


本庭園が造営されることになったのは、モナコ公室のグレース公妃が
日本文化に強い関心を持っており、
モナコに日本庭園を造園したいと希望していたためである。

その希望が叶わぬままグレース公妃は自動車事故で亡くなったが、
レーニエ3世公は公妃を偲んで庭園の造営に着手。

国際花と緑の博覧会の庭園コンテスト部門で名誉賞を受賞した
別府保男によって設計され、
神道の哲学を再現したものとなっている。
—————————————————————-


歴史的な背景を踏まえたところで、紹介に移ります(^o^)/

庭園の入り口です、立派な門構え!
モナコで日本庭園を訪れるとは、なんとも不思議な気持ちです。
 石碑がありました、読解にチャレンジしてみてください♪
かいつまんで言いますと、この庭園が造られるに至った歴史が書かれています。
日本庭園の見取り図です。
なんと、コートダジュールの海岸真横に位置しています。
潮の香りがただよう日本庭園…唯一無二かもしれません!

 

中に入るとそこはまさに日本…ですが、
高層マンションと南仏ならではの山肌は隠せません(^^;
 
手入れが行き届いていますね、庭師は日本人でしょうか?
日本庭園ということで、池にはもちろん錦鯉が泳いでいました。
モナコの景色と日本庭園のコントラスト、いいですね。
 

 

こちらの風景も絵になる~!
奥へ奥へと進み、メインの建物に向かいます。

 

建物の内部です。
こちらの建造に携わった職人や企業の名前が書いてあります。
雛人形の展示もありました。
 こちらの外観を撮り忘れてしまい、すみません!
詳しくはこちらからどうぞ。
日本から遠く離れたモナコにこれほどまでの日本庭園があるとは、
嬉しい発見と驚きでした。
日本文化が世界中の人に愛されている、と感じられる場所でした。
こちらも穴場のスポットですので、ぜひ行かれてみてくださいね(^_-)-☆

 

«
»