南仏、シャガール美術館に行ってきました!

Bonjour à tous ! スタッフMikiです。

先月小旅行で南仏のNice(ニース)を訪れたのですが、
中心地から遠くない場所にあるシャガール美術館に行ってきましたので、
その時の様子を写真つきでレポートいたします。

正式名称は「国立マルク・シャガール聖書の言葉美術館」。 
Musée National Message Biblique Marc Chagall

以前、Parisのオペラ座(Opéra Garnier)を見学したときに、
シャガールの美しい天井画に圧倒され、

「このような素晴らしい絵を描く画家のことをもっと知りたい!」
という思いがずっとあったので、今回は気合を入れて期待を胸に向かいました。

地図で場所を確認したところ、シャガール美術館は
ニースの中心地から歩こうと思えば歩ける距離。


しかし、地形を見るとどうやら小高い場所にあるようで、
調べたら徒歩で30分ほどかかるみたいです。

いい運動になりそうですが、その後出かける予定もあったので、
今回はレンタカーで向かいしました。
ニース中心地が少し渋滞していたせいで、15分くらいで到着しました。
他のアクセス方法としては、市内から美術館までバスも出ています。

美術館が佇む場所は、ニースの「超」高級住宅地の中でした!
(この豪邸見学もなかなか楽しかったです。)

 

入り口は意外とこじんまりしていましたが、
中に入るとご覧のとおり、とても開放感があります。

マルクシャガールからこちらの美術館に
1966年に寄贈された絵画はいずれも大型で、大変見ごたえがあります。

見学の際は音声ガイドを無料で借りることができ、日本語版もあります。
美術館自体は4つの部屋で成り立っており、音声ガイドを借りたら45分程度、
借りない場合は20分程度で見終わります。
(絵画を見学する時間は個人差がありますが、美術館としては規模は小さいです。)

こちらのお部屋はなんでしょうか?
シアタールームです。シャガールの生涯や人柄に触れる映像が見れます。
ここでじっくり映像を鑑賞した場合、先ほどの見学時間に+30分くらいでしょうか。
シャガールのステンドグラス「天地創造」が美しいですね。

 

シアタールームを出て見学を続けます。
ロシアに生まれ、フランスに亡命し、その生涯をフランスで終えた
シャガールの美しい宗教画の数々に様々な思いが旨をよぎります。

 

中庭には大きな壁画もあります。
「預言者ユリア」という名の、実はモザイクです。近くで見るとわかります。

 

美術館の庭にはカフェもあります。
Service non stopと書いてあるので、いつでも立ち寄ることができます。
メニューを読み込むと、軽食もいただけるようです。
こちらのカフェはご覧の通り、緑に囲まれています。

シャガールが生前に建てたというこの美術館。
彼の作品を心行くまで堪能した後、このテラスで一つ一つを思い出しながら
ゆっくりカフェを飲む…心豊かな時間が過ごせそうですよね。

美術鑑賞がお好きな方にはお勧めです、
ニースへご旅行の際はぜひお立ち寄りくださいね(^^)

 

住所:Avenue du Docteur Menard, 06000 Nice,
France
開館時間:1000~1800(~1700111日から430日) 
休館日:火曜 (事前にHPでチェックしましょう)

 

«
»