始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(4)

Bonjour à tous ! フランス語講師のDaisukeです。 フランスへ旅行する時、 目的地を現地の人に尋ねるのって、 すごーーく勇気がいりませんか?! 初めてフランスに行ったとき、 ガイドブックの「郊外のRERは危険」という言葉を鵜呑みにして、 何とかRERを使わず、路線バスだけでディズニーランドパリへ 一人で行こうとして、バス停で周りの人に 質問しまくった挙句、結局RERで行ったことがあります。 ※ディズニーランドへはRERを使ったほうが無難です。 RERは路線や区間によっては少し治安が悪くなることはありますが、 周囲にある程度気を付けて乗車していれば、身に危険が及ぶようなことはありません。 日本人観光客は、あまり道を尋ねずに、 ガイドブックやスマートフォンを片手に キョロキョロしていることが多いのですが、 注意が散漫になって、スリの標的になることもあるので、 出来れば人に道を尋ねて、 目的地へスムーズに到着したいですよね。 目的地への行き方を尋ねられる、教えてもらったことがわかる ことがとても大切ですね。 さあ、今回は、フランス語ビデオ講座の文法編から 「文法15課 方角を尋ねる、言う」 をちらっとご紹介☆ 最後にはプチレッスンもついています! ↓ ↓ ↓
今回のイラストは…☆
「ねえねえ、おじさん、ノートルダム大聖堂ってどこにあるんですか?」 「それはね、お嬢さん、セーヌ川のほとりの橋の近くさ」
ダンディーなムッシュが親切に教えてくれていますね。 これだけでも、なんだかとっても素敵な経験です。 このやり取りをフランス語でできれば、 地図を片手にウロウロしなくたって、 人に聞くだけで目的地にたどり着くことも可能に! では、今回も ~プチレッスンのコーナー~ 【場所の尋ね方】 Où est  目的地 ? ⇒〇〇(単数)はどこですか? Où sont  目的地 ? ⇒〇〇(複数)はどこですか? 気を付けなければいけないのは、 複数形の時は言い方が変わるというところですね。 では、「ディズニーランド(Le Parc Disneyland)はどこですか?」 は一体どのように言うでしょうか?! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ そうですね、 Où est le Parc Disneyland ? 教えてくれた方角がわからない、ということのないように、 交通機関や方角を表す単語は覚えておきましょう。 この課のビデオを見終わる頃には、 方角を尋ねるのはへっちゃらになっているはず! そして、このビデオをスマートフォンにダウンロードしておけば、 突然、方角の尋ね方を忘れてしまっても、大丈夫! 街中で復習することだってできちゃいます! 現地の人に道を尋ねながら旅をするのも、 より一層楽しい旅になりますね! では、最後に問題を2つ。 次の文章をフランス語で言うと、一体どうなるでしょうか?? ① 化粧室(トイレ)はどこですか? ② 化粧台はどこですか? 次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、 どうぞお楽しみに! 【前回の問題の答え】 ① 彼らは、背が低いです。⇒ Ils sont petits. ② 彼女たちは、優しいです。⇒ Elles sont gentilles.