始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(28)前未来

Bonjour à tous !
フランス語講師のDaisukeです。

皆さんは、「未来の時制」の表現には
どんなものがあるか、すぐに言えますか?

そうですね、「近接未来」「単純未来」

近接未来が「物事が近い将来に実現すること」を表すとき、
単純未来は「将来の計画や予定」を表すとき
に使いますよね。

実は未来の表現にはもう一つあるんです。
その名も…


前未来

今回は、この未来なのか過去なのか、
名前だけではよく分からない

「文法60課 前未来」編

をご紹介します。

「ご飯を食べ終わってから、あなたに電話するね」
「あなたが日本に来るとき、私たちは既にフランスに出発しているでしょう」

という、未来における表現の中で、
その時点で既に完了していることについて
述べる時に使います。

この60課のビデオでは、
前未来をしっかりとマスターすることができます☆

今回は、文法解説をのぞいてみましょう!
※画像は加工しています。詳しくはビデオでご確認ください。
文の構造はいたってシンプルですが、
Miwa先生によると
「ある活用を忘れてしまった人は、まず完全に暗記してください」
とのこと。
更に、助動詞にêtreを用いる場合は
お約束の「あること」にも気を付けなければいけません。
この課を学習している人ならば、必ず既に学習している
とっても基本的なことですが…
既に学習した内容が完全に理解できていること、
それらをうまく組み合わせて使えること
がとっても重要です。
Miwa先生の講座では過去に学習した内容も
何度も反復学習する為、しっかりと記憶に定着させられます。
ここから先は、Miwa先生がしっかりと教えてくれますので、
ビデオ講座を受講して確認してくださいね☆

まずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてください!

次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!



 

«
»