巨大オブジェが斬新!フランス最西端のクリスマスマーケット

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のMiwaです。

クリスマスまであと数日、ということで今回は、
フランスのユニークなクリスマスマーケットMarché de Noël)をご紹介します。


場所はフランスの北西部、ブルターニュ(Bretagne)地方の西、
フィニステール(Finistère)県最西端の大都市


ブレスト(Brest)市です

市役所前のリベルテ広場(Place de la liberté)にて開催されます。
この日は日曜日、地面が見えないほど人で賑わっています!
レトロな感じのメリーゴーランドと観覧車、いい雰囲気ですね♪
観覧車のスピードが意外に速く、何周もします。
ここまではいたって普通のフランスらしいクリスマスマーケットですが、
ブレストの特徴はなんといっても
デコレーションの大きさがすごいのです!
例えばこれです、巨大な食卓(*o*)
スプーンの長さは1メートルはあると思います。
食卓を下から見た図。
大人の身長を遥かに超えていますよね、大きい!
他にも巨大ジンジャークッキー、巨大ベンチ、巨大ぬいぐるみ
いたるところに巨大オブジェが置いてありました。
なんでも、巨大サンタクロースの家をイメージしているとかで、
去年までは巨大なサンタさんの洗濯物がぶら下がっていたとかなんとか。
斬新で目で見て楽しいデコレーションですよね♫
さらに、ひとつひとつの出店はすべて
このように赤いリボンがかけてあります。
たくさんのリボンが並んで可愛らしいです
そして頭上には、巨大な電球がぶら下がっていました。
ブレスト市はパリから遠く、軍港都市ということもあり
観光地としては知られていませんが、海が綺麗で住みやすい街だそうです。
おまけにこんなに素敵なクリスマスマーケットがあるなんて、
地方都市もそれぞれに魅力がいっぱいですね(*^^*)

 

«
»