年末年始☆ヨーロッパ事情 その1

Bonjour tout le monde !
講師のYukoです。

今回はヨーロッパ各国の年末年始!についてお話したいと思います!

クリスマスといえば恋人、年末年始といえば家族で除夜の鐘を聞く、という過ごし方が日本では主流ですよね?

さて、キリスト教の文化圏ではNoëlに大家族で集まってプレゼントを交換、年末年始は友人と盛り上がる、という形が主流です。

カトリックの国々の中でも、クリスマスの過ごし方はいろいろ!

例えば比較的信仰心の厚いポーランドのLejazk(ラジャイスク)という町では、la veille (イブ)からNoël当日にかけ、氷点下になることの多い大聖堂の中でミサに出席し、神父さんの教えを受けながらお祈りを捧げます。マイナス20度になる年もあるポーランドでは、マイナス10度台の中でNoëlのミサが行われることも少なくないのだとか。

そんな寒い中でも、Noëlのミサの大聖堂には人がぎっしり!椅子が足りずに立ったまま出席する人々もいました。

 

年末年始時期にポーランドの家庭で作られるお菓子が、真っ黒なポピーシードがたっぷり入ったロールケーキのmakowiec(マコヴィエツ)!健康にもよく、とっても美味しいんです。

 

 

また、寒さの厳しい冬には凍ってしまう湖も、とっても幻想的でした。
ところ変わってスペインのバレンシア地方では、寒いNoëlでも熱く!!家族と過ごしながらもフラメンコを踊り賑やかに過ごします。踊りに参加しない人もしっかりパルマス(手拍子)で応戦?します。
ここでNoëlを過ごすと、3ヶ月ほどは現地の音楽が頭から離れません 笑。どんなに寒い冬でも、体の奥底から熱情が湧いてきます!Venga venga !!
さて、時期が変わってRéveillon du nouvel an (大晦日、Saint Sylvestreとも言います。)はどうでしょうか?
スコットランドのEdimbourg(エジンバラ)では、毎年8万人が詰めかけ、21時から始まる大通りでのストリートパーティで盛大な花火が打ちあがります。歌い、踊り、カウントダウンをし、新年を迎える際にはもちろん!そう!日本で閉店時間に流れるあの名曲、Auld lang syneをみんなで、知ってる人、知らない人関係なく肩を抱き合い熱唱します。

確かにヨーロッパではお正月にあたる3ヶ日がない分、新年があっさりと過ぎる感覚がありますが、こうして新年を迎える瞬間、新しい年への敷居を大勢でまたぐ感覚は、なかなか胸に詰まるものがあります。

さあ最後にお待ちかね!フランスの大晦日はどうでしょうか??
記事が長くなりましたので、
次回に続きます。

講師:Yuko

«
»