意外なところで役に立つ単純過去☆ 文法解説ビデオ70課リリースのお知らせ

Bonjour à tous ! アンサンブルビデオ制作スタッフのSです。

長きにわたりご紹介して参りました、フランス語ビデオ講座文法編。

 

いよいよ最後の課、第70課がリリースとなりましたのでお知らせします!
文法70課 単純過去 (収録時間113分)
最終回のテーマは「単純過去」
単純な過去…?
フランス語の過去時制といえば、
複合過去半過去大過去と勉強してきましたが、
単純過去にはどのような特徴と違いがあるのでしょうか?
たとえば、こんな一文があるとします。
「昔むかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。」
なんだかとても懐かしい感じがするフレーズですよね。
この中にある
「いました、~ました」
という去における動作や状況を表す動詞
フランス語では「単純過去」に活用されます。
どのような規則と理由でこの単純過去が用いられるのでしょうか?
そして、単純過去の動詞活用はいったいどううものでしょうか?
実は、
今まで学習してきたフランス語の動詞活用とは似ても似つかない、
とってもユニークな活用
をします!
活用語尾の発音にも特徴があります。
どうでしょう、単純過去について詳しく知りたいと思いませんか?
続きはビデオ内にてMiwa先生と一緒にじっくり見て行きましょう!
このビデオを見終わる頃には、
きっとフランス語で〇〇を読んでみたくなること間違いなし
日常生活の意外なシーンでよく使われるので、知っておくと便利です!
アンサンブルが自信をもってお届けするフランス文法解説ビデオ、
皆様のフランス語学習のお役に立てればこのうえない喜びです。
これからも皆様のフランス語ライフが有意義なものでありますよう
ビデオ講座制作スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
Bonne continuation !
«
»