接続法に突入!フランス文法解説ビデオ65課リリースのお知らせ

Bonjour à tous ! アンサンブルビデオ制作スタッフのSです。
この度フランス語ビデオ講座文法シリーズに
新たに上級者向け1課がリリースとなりましたのでお知らせします!
文法65課 接続法1 (収録時間107分)
学習テーマは待ってました、あの「接続法1」
今回から69課まで5課にわたって「接続法」シリーズが続きます!
同じ単元が5課も続くなんて、一体どんな苦難が待ち受けているのでしょうか…。
考えただけでも身震いが…いや、学習者の皆さんにはきっと
やる気満々の武者震い
がするのではないでしょうか?!
さてこの接続法、難しいと思われがちなので、今回は私の経験でご説明します。
私も最初のうちは独特の活用に悩まされました。
そして、いつ、どんな時にこの接続法を使うのかなかなかつかめずに、
S、この時は接続法は使わないんだよ」
S、ここは接続法を使うんだよ」
と何度も注意された覚えがあります。
では、いったいその接続法とはどんなものなのでしょうか。
もっともシンプルな文型で例を挙げるすれば、
Il faut partir.
という短い文章、もうお分かりですよね。
「出発しなければならない」
という、「一般的な義務」に対して、
「私は出発しなければならない」
という、「個人的な義務」を表現をする時、
il faut que je + partirの接続法現在
を用いて表現するのが、接続法(の用法の一部)です。
まだフランス語がネイティブのように話せなくても、
この接続法を上手いタイミングでしっかり使えると、
「この人はフランス語を習得しようと努力しているな」
とフランス人から好印象を持ってもらえます。
フランス語話者でも間違って使う人が多いこの接続法
この文法解説ビデオでしっかりと活用と使い分けを学習し、
フランス人も顔負けの接続法の達人になりましょう!!
«
»