日本語にあるのにフランス語に無い形容詞

日本語にあるのにフランス語に無い形容詞

アンサンブルフランス語講師のMatthieuです。

フランス語の面白いところをご紹介したいと思います。
詳しく言えば、先日「“安い“はフランス語で何というの」
と聞かれたことをきっかけに、
この度日本語にあるのにフランス語に無い形容詞について
述べようと思います。

さて、不思議ではないでしょうか。
フランス語では(値段が)「高い」があるのに「安い」はないし、
「深い」があるものの「浅い」もありません。
なぜなのかは知りませんが、気になってしょうがなかったので、
これらの言葉について調べたことがあります。

「安い」に関しては、現代フランス語にはないですが、
昔はあったということが分かりました。
「高い」は「cher」というのに対し
「安い」は「vil」(ヴィル)というふうに言えました。

実はその言葉は今でも慣用句や諺に残っています。

J’ai acheté ça à vil prix. 
(訳:それを安く買った)は今も言えます。


※編集部注

vil/e:[文]卑しい、下劣な 
à vil prix   非常に安く、捨て値で
C’est vil !  というと「それは下劣だ!」という意味になりますので、注意しましょう。
少しばかり古風に聞こえるので滑稽な印象が生じますが

…むしろそれがいい時がありますね。

機会があればどうぞ使ってみてください!
フランス人は聞いたら必ずビックリしますよ。



イメージ画像です。




«
»