映画の中の美しいフランス語

Bonjour !
アンサンブルフランス語講師のAkiyoです。


日本では夏の到来を思わせるような気候ですが、

いや、まだまだ早い。
これからあの、日本独特な梅雨という季節がやってきますね!
 
フランス語で梅雨は “la saison des pluies”。
今回は雨にまつわるお話です。
フランスといえば概して、
雨の少ない乾燥したイメージがありますが、
地域によっては雨の多い所もあります。
特に北西部のブルターニュやノルマンディは、
あまりお天気が良くないように聞いています。
しかし、この雨がちな地方を舞台にした、
とても美しい作品があります。
 
それは、「シェルブールの雨傘(Les parapluies de Cherbourg)」。
ジャック・ドゥミ監督によるミュージカル映画(1964年)で、
音楽はミシェル・ルグラン。
カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しました。
 
背景となるのは港町シェルブール、
そこにしとしとと降り注ぐ雨。
そして街を歩く人々の色とりどりの雨傘たち。
フランス人の色彩感覚の素晴らしさを目の当たりにする思いです。
 
しかし、ここは視覚だけでなく聴覚にも注意を払いたいところ。
この作品、フランス語が非常に平易かつ美しいのです。
一部を取り出してみましょう。
 
Dubourg:Vous permettez ?
Cassard : Je vous en prie…
Dubourg : Mademoiselle est devenue une bien jolie jeune fille.
Il y a si longtemps que je n’avais eu le plaisir…Mais que puis-je faire pour vous ?
Vous pouvez parler sans crainte.
 
ヒロイン ジュヌヴィエーヴが、
母親と一緒に宝石商デュブールを訪れる場面です。
デュブールがそれまで話していたカサール氏に中座の断りを入れ、
母親に挨拶をします。
この短いセリフの中にも、
初級で学ぶ文法事項や表現がぎっしり詰まっていますね。
 
台詞が一切ない、全編音楽のみの完全なミュージカルです。
音楽も全体的にゆったり目で、台詞も聞き取りやすいと思います。
 
このレベルでもわからないよ!という方も、
Bonjour.Au revoir. Je t’aime. だけでも構いません。
あ、わかる!という実感を得られるのは嬉しいものです。
 
90分ほどの短い映画ですぐに観られます。
梅雨空でお出かけを断念した日は、ひととき、

目と耳を傾けてみるのはいかがでしょうか?

 

«
»