浸さずにはいられない?フランス人

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のMiwaです。
今回は、私がフランスに住み始めて以来ずーっと気になっていることについて書きたいと思います。
記事のタイトルは「浸さずにはいられない?フランス人」ですが、
どういうことかと言いますと…
とても多くのフランス人が、コーヒーを始めとする温かい飲み物と一緒に何かを食べる時、
その「何か」を飲み物の中に浸して食べるのです!
その光景が最もよく見られるのは、パンとコーヒーが主役の朝食どき。
パンを全部入れるのではなく、口にする部分だけを軽く浸し、
一口食べ→ちょっと浸し→また一口食べ…を繰り返すのです。
この動作は大人も子供もみーんな自然に行います。大人はコーヒーや紅茶に、子供はミルクやココアに。おそらく子供たちは、大人がパンを飲み物に浸すのを見ているうちに、自然と自分も真似するようになっているのでしょう。
で、この動作の由来はいったい何?と気になる方は多いと思います。私もはっきりフランス人に尋ねたことはないのですが、
私個人の意見は次のとおりです→
朝食で食べるパンは前日に買ったものが多く、少し乾燥して固くなっているため、食感を柔らかくするべくコーヒーに浸して食べてみたら…おお、味も悪くないしいいアイデア!
というのがフランス人の間に自然と定着したのではないかと。
そうです、コーヒーに浸したパン類ってなかなか美味しいんですよねぇ。特にバターの風味豊かで香ばしく焼き上がったクロワッサンパン・オ・ショコラ (le pain au chocolat)はコーヒーとの相性抜群です
こちらが噂のle pain au chocolat
フランスでおそらく人気No.1の菓子パンです!
バターの風味豊かなデニッシュ生地の中に
棒状のチョコレートが2本入っています。
私個人としては、飲み物に浸すのはある程度「歯ごたえ」があるものがいいと思います。
液体をたっぷり含んでも、口の中でべちゃっとならないものですね。
例えばこれ、フランスの朝の食卓でよく見かける…
les biscottes(ビスコットゥ)
味がついていないラスク…、といったところでしょうか。
バターやジャムを塗って食べます、すごくパサパサです!
これは水分を含ませないとかえって食べにくいです(苦笑)

飲み物に浸すのはパン類だけに留まらず、クッキーやマドレーヌなど、コーヒーや紅茶と相性の良さそうなものは何でも浸してしまうフランス人、もはや無意識の行動といえますね。ただ、中には「それ味の相性悪そう〜」というものまで浸す人もいるので、唖然と見てしまうこともあります(苦笑)私が覚えている中で一番まずそうだったのは、ハイビスカス風味のハーブティ+マーブルケーキ、でしょうか^^;

ともあれコーヒーにはデニッシュやクッキーなどバター風味が効いている甘い食べ物がとっても合います、是非一度フランス人になった気分で試してみてくださいそして身近にいるフランス人がもし何かを飲み物に浸しながら食べていたら、

どうしてそうやって食べるの?

と聞いてみてください。どんな返事が返ってくるでしょう?
アンサンブルのフランス人講師に聞いてみるのもアリですね

«
»