親子で楽しめます!Paris近郊の水族館『SEA LIFE』をご紹介

Bonjour !
今回はパリ近郊にある水族館、

『SEA LIFE』をご紹介します。
https://www.visitsealife.com/paris/

パリ中心地からのアクセス方法は、

ディズニーランド・パリ方面のRER A2に乗りこむだけ。
40分ほどで到着する”Val d’Europe“というショッピングモール内にあります。

私は入場チケットを事前にネット購入してから出かけたのですが、
これが大正解でした。

この日はちょうど学校のバカンス時期と重なっていたせいで、
チケット売り場には長蛇の列!

事前にチケットを購入していたおかげで、
行列の横をすり抜けてすスムーズに入場できました。

フランスの有名な美術館なども、
今はネットでチケットを事前購入できますので、
確実に行くことがわかっている場合はぜひお勧めです。

どのみち入場前のセキュリティチェックには並ばないといけないので、
チケット購入の待ち時間はパスして無駄をなくしたいですよね。

それでは、SEA LIFEの様子をご紹介します。

遊園地のアトラクションのような館内
水槽の高さは全て子ども目線に合わせてあり、
子ども連れの方には嬉しい配慮です。
この日も家族連れの方が大勢いました。

 

砂の上にプロジェクションマッピングが施されているコーナーです。
海の生き物たちが動き回る様子を眺めながら遊ぶことができます。

 

こちらの水槽は上からも正面からも泳いでいる魚を見ることができます。
身長差がある大人も子供も両方楽しめていいですね。

 

この水槽にいるのは、フランスでも大人気のタツノオトシゴ!
フランス語では”hippocampe“、男性名詞だそうです。

 

ひとつひとつの水槽にパネルの説明がついているので、
海の生態系について学ぶこともできます。
このように幻想的な空間で珍しい魚をゆっくり見て回れるので、
現実とは異なる世界に足を踏み入れたような、不思議な感覚を覚えました。

 

色とりどりの魚たちがゆったりと泳ぐ様を眺める、
癒されますよね…何時間見ていても飽きません。

 

こんなものを発見しました!巨大な水槽に、不気味な胸像や彫刻!?
写真右奥の丸い窓の向こうに見えるのは、レストランでしょうか。
この水槽はあまりにも大きかったので、全体像をお伝えしきれないのが残念。

 

こちらは定番の「怖い系」ですね、ウツボでしょうか。
鋭い歯で急に噛みつかれたら痛そうです。

 

こちらは魚眼レンズ風に水槽の中を見ることができます、
楽しい工夫と遊び心がいっぱい!

 

どの水槽も個性豊かで、
高さが子供目線で低いですが、大人は上から覗き込めるので、
本当に細かい工夫が随所に散りばめられていて感心しました!

水族館でよくある、
親が小さい子供をずっと抱っこしながら見て回る、
という負担が自然に解消される構造です。

この水族館が入っているVal d’Europeというモールには、
アウトレットショップ等のお店や飲食店も充実しているので、
親子で楽しめる施設です。

お子様連れの方にはSEA LIFE、お勧めです!

«
»