「フランス人の運転マナーについて」[♯32]

Play

Bonjour !
第32回の A la Cafet’です。

今回は、Colzaさんの「フランス人の運転マナーについて」の質問にYasko先生が答えました。

YouTube

Colzaさんからのメッセージ

Yasko先生、Mikiさん、こんにちは。

またまたcolzaです。
今回も興味深いお話ありがとうございます。
Mikiさんがモータージャーナリストとは驚きました。
私も運転が好きで、昔、国際免許をとってフランスで運転しようと
思ったのですが、土壇場で怖くて断念しました。

右側が優先というのは知っていたのですが、ラインのことは知りませんでした。

Mikiさん、Yasko先生は、車は何、乗ってるんですか?最初の右側通行はどうでしたか?
すぐ慣れますか?
ギア付き運転はどうでしたか?
信号もちょっと縦型で小さいので見づらいですよね?
(たくさん質問してすみません。。。)

また、ロータリーの運転も怖い気がします。
もし、凱旋門のロータリーを走ったら、私、ずっと回り続けてるような気がします。(^^;
昔ブルターニュの田舎で1週間ホームスティをした際に、
ホストファミリーのお母さんの運転がとても荒くてびっくりしました。
普通の山道100km近く出すのは当たり前でした。

この間パリへ行った際に友人のフランス人の車(ゴルフの小型車)に乗せてもらいました。
なんと、彼女が運転し、私が助手席。後ろに友人の母親、私の旦那、私の母、
そして母のひざの上に友人の娘(13歳)の6人が乗ってしまいました。

友人は大丈夫!大丈夫と言ってみんなを乗せましたが、
途中、 私たちの車の前をポリスが走っていたとき、
私は捕まるんじゃないかとドキドキでした。(^^;
定員オーバーはあまり捕まらないものですか?

それから先日パリのオペラ座の前の通りの真ん中(中央分離帯のところ)に タクシーが何台か放置されていたのですが、
あれってドライバーがお昼とかでタクシーだけ認められた駐車場所なんでしょうか?
ちょっと気になりました。
ご存知でしたら、教えてください。

Colzaさんお手紙ありがとうございました。

radioあっとensemblefr.com で番組のご要望、質問などなんでも受け付けますので、
お気軽にご連絡ください。