フランス語の本

カミュの『異邦人』の翻訳に挑戦!Hibiki先生の翻訳強化グループレッスン「聴講

フランス語学習中のスタッフ、Kanakoです。4月22日(木)21時より開催された翻訳強化グループレッスンに「聴講者」として参加しました。 フランス語学習者の一人として正直な感想を一言で言うと「ものすごく良かった!!」ので「グループレッスン、気になっているけどまだ参加したことがない」という生徒様にも気軽に参加していただけるよう受講の流れや感想をしっかりお伝えいたします。 アンサンブルで受講中の生徒様は無料で参加できるグループレッスン。2021年2月のレッスンよりより多くの生徒様にご参加いただけるよう開講方法をリニューアルしました♪(詳細はこちら)   4月の使用教材はカミュの『異邦人』 作品名、作者名:L’Etranger, Albert Camus (邦題「異邦人」) Hibiki先生より一言: 主人公であるムルソーが上司から、パリに開設予定の新しい事務所への転勤を勧められる場面です。提案を受けたムルソーの微妙な心の動きを読み取ってみましょう。    担当講師はHibiki先生 フランス語学習を始めてわずか3年でDALF C2に一発合格したという伝説を持つHibiki先生。 アンサンブルではオンラインフランス語レッスンの講師のみならず、A la Cafet’(アンサンブルのPodcast番組)の担当講師の一人でもあり、そしてこの翻訳強化グループレッスンの担当講師としても活躍中です。 そんなすごい経歴と実力の持ち主のHibiki先生ですが、物腰は柔らかく涼しげで、のんびり構えた雰囲気です。親しみをこめて「ミステリアス」とおっしゃる生徒様もいらっしゃいます。 入室〜開始までの流れ 開始時間10分前。3月末に配信された「【アンサンブル事務局】4月グループレッスン予約開始のお知らせ」に記載された「聴講者」用ウェビナーリンクを、クリックします。数秒後ウェビナーが開き、Hibiki先生と参加者の皆さんが画面上に映し出され、すんなり入室完了。クリックするだけで本当に簡単でした。 「聴講者」として視聴のみの参加とはいえ、オンライングループレッスン参加も初めて、Zoomウェビナーという言葉を聞くのも初めてだったので「うまく入室できるかな」「本当に先生や参加者の方からは見えないの?」と参加前はちょっとドキドキしましたがそんな不安は一瞬で吹き飛びました。案ずるより産むが易し、とはこのことですね。 そして、6名の「参加者」の生徒様が続々と入室されました。「聴講者」としての参加の場合、先生と参加者6名の生徒様から聴講者は一切見えない、聞こえない状態です。部屋着にスッピンでも参加できるので、これは気楽でいいです・・・笑♪ 6名の「参加者」様は、既にアンサンブルのグループレッスンやイベントで顔見知りになっていた方も、はじめましての方もいらっしゃる中、レッスン開始前からすでに和気あいあいとした雰囲気です。 Hibiki先生を囲んで自然な感じでおしゃべりや自己紹介が始まります。6人までの少人数なので、グループレッスンとはいえ余計な緊張はせず皆さんリラックスされている様子です。 レッスン開始、それぞれの翻訳を発表 いよいよ、翻訳レッスン開始です。参加者6名の皆様が、それぞれ事前に翻訳して講師に提出していた翻訳を発表します。少しずつ異なる解釈や、言葉選び、表現方法のそれぞれの翻訳。他の方の発表時には、皆さんうなずきながら真剣に耳を傾けていました。 なんとオール関西弁バージョンで翻訳されネイティブ関西弁で読み上げたツワモノの生徒様もいらっしゃいまして、生き生きとした関西弁の勢いと新鮮さに圧倒され、他の参加者の方も驚き絶賛されていました。(これには思わず視聴者の私も「すご〜い」とつぶやき思わず拍手!) 参加者の生徒様からの鋭い質問の数々と、Hibiki先生の回答 フランス語原文と翻訳の日本語に真剣に向き合った6名の皆さま。Hibiki先生への質問コーナーでは鋭い質問次々と出てきます。 -何度も出てくる「vie」という単語。「人生」と訳すか「生活」と訳すか? -原文が直接話法と関節話法ではどういう違いがある?どう訳す? -TuとVousの使い分けはどう訳すか。 -ジェロンディフ(文法)が使われている文章は「同時性」もしくは「逆説」で訳すか。 生徒様からの質問があまりにも核心をつくものばかりだったのでHibiki先生も思わずこんな一言をポロリ。 「皆さん・・・台本でもあるんですか?」 翻訳にあたり自分が難しいと感じた部分や理解が曖昧だった部分を講師に直接質問してその場で解説してもらえるのは「参加者」の醍醐味であり特権ですね。「参加者」の皆さんの核心に迫る質問とHibiki先生のストンと腑に落ちる感覚もあり視野が広くなる解説は、「聴講者」として視聴のみの参加でも得るものが多くためになり、目からウロコが落ちまくりでした。 この贅沢で本格的な翻訳の少人数グループレッスンに無料で参加できるなんて…(しかも「聴講者」としての参加は予約不要・入退室自由で気軽に参加できます) アンサンブルの生徒の皆さーん! 本当に参加しないともったいないですよー! 締めくくりは今日のレッスンの感想を一人ずつコメント -Camusの文章は読みやすいけど、日本語にするのは難しい。 -主人公は冷めている印象。虚無感を感じた。 -方言の方が感覚的なところが拾いやすい。 -上司との温度差が皆さんの訳に出てて参考になった。 -日本語、翻訳の可能性を感じた。 -方言の翻訳が新鮮で良かった。(Hibiki先生がフランスの方言事情について説明) -他の参加者の方の訳がすっと入ってくる感じで良かった。 などなとと、これまた核心をつく感想が目白押しでした。Bravo!(聴講席より拍手!) 真剣にフランス語原文に向き合い意見交換をする講師と参加者の皆さんの熱意を目の当たりにし「自分もがんばろう」とモチベーションが上がったこと。それが何より一番の収穫でした。(本棚で最後まで読まずに長年寝かせていた(?)フランス語版の『異邦人』、この機に読みます…!) グループレッスン初参加でしたが、「聴講者」は見るだけ・聞くだけなので気楽に気軽に楽しめました♪ より実りのある能動的な参加をされたい方は「参加者」としての参加(要予約、定員6名)、気楽に視聴のみで参加したい方は、入退室自由な「聴講者」としての参加(予約不要・最大定員100名)がおすすめです。 無料グループレッスンは初めての方も大歓迎。5月のグループレッスンもたくさんのご参加をお待ちしております!^^

Frédéric先生

スイス出身、マルチリンガルなFrédéric先生とフランス語動画視聴レッスン

Bonjour !スタッフのKanakoです。 本日はFrédéric(フレデリック)先生のレッスンをレポートします。     マルチリンガルなFrédéric先生 ダンディーなお髭と低い声、穏やかな笑顔が印象的なFrédéric先生。Frédéric先生はスイスのフランス語圏のローザンヌ出身。(標準フランス語を話されるので訛りやアクセントはありません。)   スイスという多言語の国出身ということもあり、Frédéric先生はマルチリンガル。母語であるフランス語はもちろん、英語、そして日本語も(!)流暢に話します。(レッスンは日本語でも英語でもサポートできるそうです。)   スイスで銀行家をしていたというハイスペックかつ異色の経歴をお持ちのFrédéric先生。ビジネスフランス語会話についても相談できそうで頼もしい!   教材もぴったりなものを提案 レッスン前に丁寧なメッセージとレッスンで使う教材の提案をしてくれました。教材の提案として3つの短い動画が送られてきたので、自分の興味に合うものを選ぶことができて、嬉しい。(レッスン前から感じる良い先生感・・・。)TV5mondeのB2レベルの動画を視聴して、練習問題をしました。レッスンは終始落ち着いた穏やかな雰囲気で進みます。   動画(ビデオ)レッスンは総合的な理解力を深めるのにとても効果的。たまたま教材のビデオはベルギーの番組でした。(もちろんフランス語)なぜこれがベルギーのニュースだとわかるか、というところからクイズのように楽しく、少しずつ内容を理解していきました。フランスのフランス語と、ベルギー・スイスのフランス語は一部単語の違いもあるため、そういった違いも楽しく教えてくれました。   フランス語を習得すると、フランスだけでなく、スイス、ベルギーなどフランス語圏の様々な国に世界がぐーんと広がるようでワクワクします!Frédéric先生とのレッスンを終えて、そんなイメージが広がりました。   落ち着いた雰囲気でじっくり集中して取り組めるFrédéric先生のレッスン、ぜひ受講してみてくださいね。   今日のレッスン C’est plus agréable s’il n’y a pas trop de monde. すいている(人がたくさんいない)と、より快適です。   Le pain qui vient d’être fait est le meilleur. 焼きたてのパンが一番美味しい。   Je ne savais pas que les fibres optiques traversaient les mers du monde entier. 世界中の海(の底)に光ファイバーが走っていることを知りませんでした。   Les données passent dans la fibre. データはファイバーの中を通る。   Une voiture de sport est très puissante. スポーツカーはとても強力だ。   Ce nouvel ordinateur est très puissant. ( = Il permet de faire beaucoup et rapidement.) このパソコンはとても強力だ。(たくさんのことを素早くできる。)   Frédéric先生から新年のご挨拶

Kazumi先生

日本人講師とフランス人講師の両方の良さを兼ね揃えたKazumi先生とのレッスン

Bonjour!スタッフのKanakoです。 今回はKazumi先生とのレッスンをレポートします。     日仏両方の良さをあわせ持つKazumi先生 フランス人のお父様をお持ちのKazumi先生。日本とフランス両方の国で育ち、日仏両方の文化に慣れ親しんでおられます。どちらの言語も母語として理解できるので、日本人講師とフランス人講師両方の良さを併せ持つ先生です。   ■日本人講師の良さ■ 日本語で質問できる 日本語で文法説明をしてもらえる 日本人学習者の視点で解説してもらえる 等々   ■フランス人講師の良さ■ フランス語脳が鍛えられる ネイティブの発音や表現が聞ける フランス人の視点や考え方がわかる 等々   Kazumi先生は英語講師としての経験もあり、英語も堪能。日本語・フランス語・英語、どの言語でのフランス語レッスンもお任せあれ!な非常に頼もしい先生です。入門者・初心者の生徒には日本語とフランス語を交えて、わかるまで丁寧に説明してくれます。 レッスンは終始リラックスした雰囲気で進みます。まるで昔から知り合いだったような安心感。(初対面なのに)顔を見るとほっとする笑顔。何と言っても温かい人柄が持ち味です。   間違いを恐れず、楽しくレッスン 今回は会話レッスンをお願いしました。Kazumi先生の穏やかで優しい雰囲気のおかげで、間違いを恐れず楽しく話すことができます。レッスン中に生徒の希望やペースを何度も確認してくれるので、わからないまま進んでいくことがありません。「間違いはその都度訂正してください」とお願いすると、不自然な表現を直して、自然な言い回しを教えてくれます。 生徒が間違えたり少し難しいと感じる表現は、重点的に繰り返し練習させるので、少しずつでも着実にフランス語が身につきます。   Kazumi先生は子供、動物、自然、スポーツも大好き。会話レッスンでは生徒の興味によっていろんな話題が広がりそう!生徒の希望やペースを合わせて進む、優しい・楽しい・身につくレッスンでした!   フランス語初心者の方や、フランス人と話すのは緊張する・・・という方でもきっとリラックスして受講できるおすすめの先生です。   Kazumi先生とのほっとするレッスン、ぜひ受講してみてくださいね。   今日のレッスン 新型コロナ対策による分散運動会の話から、日本人とフランス人の違いについて会話しました。   Beaucoup d’événements sont annulés. たくさんの行事が中止になった。   Ce n’est pas comme d’habitude. いつも(例年)とは違う。   On sépare les élèves par année. 生徒を学年によって分ける。   On limite le nombre des parents. 保護者の人数を制限する。   Je vois que les Français sont doués pour faire une présentation. フランス人はプレゼン能力が高いと私は思う。   Ils agissent comment ils veulent. 彼らは自分のしたいように振る舞う。   Il y avait un Français gentil pour porter la valise. スーツケースを運んでくれる親切なフランス人がいた。   Cet homme est galant. この男性は紳士的だ。   Si j’ai des problèmes, je ne sais pas à qui […]

Julie先生

最強のパートナー♪フランス語レベルもモチベーションも同時にアップ!Julie先生

Bonjour! スタッフのKanakoです。 本日はJulie(ジュリー)先生とのレッスンをレポートします。     講師の鏡のようなJulie先生 「優しくて、明るくて、教えるのが上手。」というのはアンサンブルの講師の皆さんにほぼ当てはまるのですが(お世辞抜きに講師全体のレベルが高い!)Julie先生も例にもれず「優しくて明るくて教えるのが上手」な講師の鏡のような素晴らしい先生です!プロフィール写真はクールな印象ですが、とっても優しく温かみあふれるお人柄です。   今回のレッスンは自由会話をリクエスト。盛りだくさんな内容のレッスンだったので、1)〜5)にまとめてみました。   今日のレッスンの流れのまとめ 1)自己紹介 自己紹介を侮るなかれ。「できる講師」は5分〜10分程度の自己紹介の中で生徒のフランス語レベルを把握し、得意な部分と苦手な部分を見抜き、レッスン内容に活かしてくれます。   2)シチュエーション会話(フランス人の上司に待遇改善を求める) 「失礼にならず、自分の主張をしっかり伝える」練習をしました。Julie先生が上司役、私が従業員役で、仕事の待遇改善を求めます。シチュエーション会話はちょっと俳優気分を味わえて、楽しい(笑)フランスで生活をすると、日本にいる時よりもずっと論理的に自分の主張をすることが求められる状況が多いと思うので(理不尽な出来事に泣き寝入りしないために!)こういった設定会話は現地でもきっと役立つと思います。   3)好きなドラマ・映画について自由会話 日本のドラマ、アメリカのドラマ、韓国のドラマについて話した後、おすすめ映画を教えていただきました。   Julie先生のおすすめ映画:“Intouchables(2011)”(邦題:『最強のふたり』) この映画は私も観たことがあり、面白かったです!普段フランス映画をあまり観ない方にもおすすめ。Julie先生は俳優のOmar Sy(オマール・シー)が大好きで、彼が出演している他の作品もおすすめだそうです。   4)冠詞の使い方について(例:le temps, du tempsの使い分け) ( )内をクイズにして生徒に考えさせながら、例をたくさん挙げながら、説明してくださいました。下記にその一部を紹介します。   Quand j’aurai ( du ) temps j’aimerais bien regarder. 時間がある時に観てみたいです。   J’ai ( du ) temps pour vous écouter. あなたの話を聞く時間がありますよ。   Vous avez ( du ) temps pour m’écouter ? 私の話を聞く時間がありますか?   Je n’ai pas (de) temps.  時間がないです。   Je n’ai pas ( le ) temps de diner lentement.  夕飯をゆっくりとる時間がないです。   5)今日の復習5分 最後に間違えたところや新しく学んだ単語を、クイズ形式にして問題を出してくれます。このレッスン終わりの復習により、記憶の定着がかなりアップ。   フランス語レベルアップの「最強のパートナー」 Julie先生はチャットボックスの書き込みも多く、有り難かったです。完全に「自分専用」にオーダーメイドされた充実の50分でした。二人三脚でレベルアップを目指せるのがマンツーマンレッスンの良いところ♪グループレッスンではどれだけ少人数でも、こうはいかないですよね。Julie先生はDELF・DALFの試験対策もOKですので、試験前には試験対策のレッスンをお願いしたいです。   フランス語の学習歴が長くなってくると、自分のできない部分にばかり目が行きがちで、落ち込んでしまうこともありますが、Julie先生は全力で今持っている力を認めて思い切り褒めてくれて、自信とモチベーションを底上げしてくれます。Julie先生には「この先生とならもっと上のレベルを目指せる!」と思わせてくれる力があります。(頼もしい!)   フランス語レベルアップの最強のパートナーとなってくれること間違いなしです。(最後、『最強のふたり』にかけてみました。←自分で説明してしまった。笑)

Emeline先生

抜群の包容力と指導力で導いてくれる、Emeline先生との聴解レッスン

Bonjour! スタッフのKanakoです。 今回はEmeline(エムリーヌ)先生とのレッスンをレポートします。     アンサンブルのマザーテレサ!? Emeline先生は、明るく優しいだけでなく、聡明さや指導力も兼ね揃えた先生です。しっかりと生徒のフランス語学習の悩みを聞き、抜群の包容力と指導力で導いてくれます。(アンサンブルのマザーテレサ!?と呼ばれているとかいないとか…)   実はEmeline先生は2020年9月8日にアンサンブルでデビューしたばかりの講師。…なのですが、それが本当に信じられないくらい、ベテラン講師のような力強い指導力があります。Emeline先生は様々な分野でのキャリアをお持ちで、人と心を通わせコミュニケーションを取ることに長けています。   ・英語教授法 (TEFL/TESOL)の資格所持 ・国際ホスピタリティ産業マネジメントの学士号所持 ・地域観光業の促進と管理のディプロム所持   という何だかスゴそう!な資格もお持ちです。(浅い感想ですみません。汗)   「フランス人同士の早い会話が理解できない」「ラジオやニュースの音声を一度聴くだけで理解できない」という私のフランス語の悩みにもしっかりと耳を傾けてくれ、苦手に的を絞った学習方法の提案があり、レッスンで即実行してくれました。レッスン前にEmeline先生からいくつかのニュース記事の提案があり、その中から自分が一番興味のあった「父親の育児休暇の延長」についての記事をチョイス。このニュース記事を使って、苦手な聴解の練習をしました。   今日のレッスンの流れ 1)Emeline先生が記事を読み上げる。 まるでアナウンサーのように声・発音・滑舌が明瞭できれい!試験対策の本に付いているCD音声を聞くより、臨場感があって集中できます。   2)生徒(私)は理解できたことについて何でもいいから言ってみる。 とはいえ、やはり記事を一度で聞いて理解するのは難しい…と言葉が出てこず困っている私に、Emeline先生は次のように手ほどきしてくれました。   3)わからないところはクイズ形式の穴埋め問題で確認。 内容が全部理解できなくても、一部分理解したことからヒントを出し、理解できるように導いてくれます。知らない単語は、単語を分解したり、類義語に言い換えて、フランス語だけでわかるよう説明してくれました。(チャットボックスにも書き残してくれるので後で見返すこともできます!)   4)今度は生徒が記事を音読し、発音の間違いもしっかり訂正。 ネイティブらしく話すための発音指導もEmeline先生にお任せあれ。   「わからない」が「わかる」へ変わる だんだんと霧が晴れていくかのように「わからない」が少しずつ「わかる」に変わり自信につながる、充実度の高いレッスンでした。この聴解レッスン、試験の聞き取りや書き取り対策にも効果がありそうです!   Emeline先生のレッスンはまるで、フランス語のお悩みの特効薬。   モチベーションが上がらなかったり学習方法で悩んでいる方、レッスン時にEmeline先生に相談してみてください。きっと今後の方向性が見つかるはず!   今日のレッスンで学んだ表現 Le texte parle du congé paternité.  本文は父親の育児休暇について話している。   La durée sera prolongée. 期間が延長されるだろう。   un congé paternité concerne le père.  父親の育児休暇は父親に関わることだ。   Le milieu dans lequel l’enfant va grandir aura une influence. 子供は成長する中で置かれる環境に影響される。   Le texte explique la raison pour laquelle le congé paternité (doit) être rallongé . 本文は父親の育児休暇が延長になるべき理由について説明している。

Guillaume先生

きめ細やかなフォローが素晴らしいGuillaume先生と【フランス語シャドーイン

Bonjour!スタッフのKanakoです。 本日は、Guillaume(ギヨーム)先生とのレッスンをレポート。   教え方の巧みさに、優しい笑顔 「フランス語を教えるのが楽しくて仕方がない」という気持ちが溢れるGuillaume先生。熱心なのに暑苦しくない(笑)唯一無二のキャラクターが持ち味です。   Guillaume先生は教え方の巧みさときめ細かさが際立っています。自然な会話の中で、生徒が理解していない部分・苦手な部分を瞬時に見極め、様々な角度からシンプルな表現で説明してくださいます。また文法の説明を日本語で補足することが可能。説明がわかりやすく、常に細やかな気遣いができるので、生徒に負担を感じさせないところがすごい。言葉に詰まったり上手く話せなくても、優しい笑顔と気遣いが安心させてくれます。   さらに新しい語彙を用いて生徒が自分で簡単な例文を作ってみることで、語彙を自分のものとして使えるところまで確認。そこまですることで、レッスン後も忘れません。何かができる度に褒めてくれるので、モチベーションが上がります。   シャードイングの指導法を熟知されている 大人になっても、何かができるようになったり褒められたりするのは嬉しいものですね…。フランス語学習の悩みにも親身に応えてくださいます。「レベルアップしたいが、具体的に何をすれば良いのかわからない…」そんな漠然とした悩みにも、どんな教材を使ってどのような学習法を使うと良いか親身に考え、生徒に合った教材や方法を提案してくれます。学習法のひとつとしてシャドーイングの指導法も熟知されています。   【シャドーイングとは】 音声を聴きながら、少し遅れてその音声を真似て復唱するトレーニング法。「聞く」というインプットと「話す」というアウトプットを同時に行う。   【目的と効果】 ・リスニングの強化 ・スピーキングの強化 ・発音の改善 ・フランス語をフランス語のまま理解する   Guillaume先生はシャドーイングの方法だけでなく、音声の素材選びのコツや、意外と大切な心構えまでしっかりレクチャーしてくれます。緊張せず、力を抜いてリラックスすることが大切だそうです。レッスン内でレクチャーしてもらえれば、一人でも練習できますね♪   Guillaume先生の教え方の強みはレッスン内だけの説明で終わるのではなく、生徒が自分のものとして使えるようになるまでサポートしてくれること。限られた50分という時間の中で、最大限に効果的な学習をアシストしてくださいます。   レッスン前とレッスン後で確実に自分の進化が感じられますよ!   Guillaume先生から新年のご挨拶   今日のレッスン 以下、(  )は私がレッスン中に間違え、先生が訂正された箇所です。 ★jouerとfaireの用法の違い   Mon père joue ( de ) la clarinette. 父はクラリネットを演奏する。   Elle joue ( au ) football. 彼女はサッカーをする。   Vous aimez jouer ( au ) bowling ? ボーリングをするのが好きですか?   Le week-end, parfois je joue ( au ) ping-pong. 週末にときどき卓球をします。   Ma fille a commencé à jouer ( du ) piano. 娘はピアノを弾き始めた。   Vous faites ( du ) tennis ? あなたはテニスをしますか?   Vous faites ( du ) piano ? あなたはピアノをしますか(弾きますか)?   ★自己紹介で学んだ表現   Vous habitez ( dans le […]

元気はつらつ!Caroline先生との環境問題をテーマにフランス語会話レッスン

Bonjour ! Ca va?スタッフのKanakoです。 本日はCaroline先生とのレッスンをレポート。   Caroline先生は南西フランスのトゥールーズ近郊、アルビという小さな街の出身。南仏出身なのもうなずける、太陽のように明るくエネルギッシュな先生です。Caroline先生はFLE(外国人にフランス語を教えるための資格)修士号を取得されていて、講師としての豊富な知識と経験もお墨付き。(熱意も!)   フレンドリーで太陽のようなCaroline先生 Caroline先生はフランス語講師という仕事を心から楽しんでいて、本当に人と話すのが好きな方なのだな、ということが伝わる生き生きとした会話レッスンをされます。一緒に笑うと、元気がもらえます。今回は環境問題についての記事を読み進め、意見交換をするという読解・会話レッスンでした。 「マンツーマン語学レッスン」と聞くと固いイメージがあったり緊張するなと思ったりする方もいらっしゃるかもしれませんが、Caroline先生なら大丈夫!そんな不安も明るく吹き飛ばしてくれますよ。 明るくフレンドリーなフランス人講師と話してみたい方、太陽のようなCaroline先生とのレッスンをぜひお試しください!   Caroline先生のレッスン風景動画   今日のレッスン “Mieux vaut tard que jamais.” 諺:遅くなってもやらないよりマシだ(心の辞書に追加したい良い諺…!) L’humidité est très forte. 湿気がすごい。 Ça s’abîme. それは傷んでしまいます。(湿気でお菓子が傷む、という会話で) Ce n’est pas fait exprès. わざとした訳ではない。 Si les masques tombent dans la mer, ça peut devenir un grand problème. もしマスクが海に落ちたら、それは大きな問題になるだろう。 Je ne bouge que dans le quartier. 私はその地区の中だけしか移動しない。 Il n’y avait que des étrangers. 外国人しかいなかった。 la mer du Japon 日本海 l’Océan Pacifique 太平洋

rudy先生

全レベルオールマイティーに対応OK!Rudy先生との会話レッスン【オンラインフラ

Bonjour !スタッフのKanakoです。今回はフランス北部のリール出身、Rudy(ルディー)先生のレッスンをレポートします。     オールマイティなRndy先生♪ Rudy先生は日本語も英語も堪能で、初心者~上級者まで幅広いレベルの生徒さんに対応可能な、オールマイティーカードのような先生。(語学力高し。)そして説明がわかりやすい。生徒がわかるまで、言葉や表現を変えながら根気強く説明してくれます。(説明能力も高し。) さらに、気さくで誠実な人柄が、質問をしやすく、生徒がたくさん話せる雰囲気を作ってくれます。わからないことを遠慮なく聞くことができます。(人柄も良し。Parfait!)   同じ教材でも全く違う展開に!? 今回のレッスンでは、以前のRosita(ロジータ)先生のレッスン時と同じ教材を持ち込んでみましたが、会話レッスンの内容は全く違うものに展開しました。   ・前回のレッスンで学んだ表現を別の講師とのレッスンでの会話ですぐに使える ・同じテーマをより深く掘り下げられる ・別のフランス人の見解を知ることができる ・関連語彙や表現の幅をさらに広がる という新たな発見がたくさんありました。   予習が1回で済むというメリットもあり。忙しい時にも良いかも。 ※講師曰く、アンサンブルのレッスンでは予習はしてもしなくてもOK。   同じ教材を使っても、講師によってレッスン内容は十人十色に変化します。マンツーマンレッスンは講師と生徒一緒に作り上げていくものなのだな~、と改めて実感。   日本語も英語もフランス語もどんとこい!なRudy先生に、レッスンでやってみたいことをぜひリクエストしてみてくださいね。   Rudy先生のレッスン風景動画   今日のレッスン J’aime bien regarder des films. 私は映画を観るのが好きです。   Je me suis abonnée à Amazon prime. 私はアマゾンプライムを契約した。   une disparité ( = une inégalité ) 不平等   Ça me pose toujours problème 私はいつもそれが問題になる。   un cadre  役員、管理職   une problématique : un problème mis sous forme de question 問題提起   Il a plus de temps pour les enfants. 彼は子どもたちのための時間がもっとある。

ささやくような優しい発声に癒されるMarine先生と【フランス語読解・会話レッス

Bonjour !スタッフのKanakoです。 今回は、Marine(マリーヌ)先生とのレッスンをレポート。     Marine先生はガレット・シードル・クイニーアマンなどで有名なブルターニュ地方出身。Marineというお名前はラテン語の「海」が由来で、海が大好きだそう。その名の通り海のように穏やかで寛容な先生です。   A la Cafet’も担当されるMarine先生 アンサンブルPodcast配信 A la Cafet’ アラカフェットも担当されています。   音声だけでも可愛いくて癒されます… 個人的に、外国語を習得するにはモノマネ能力が高い方が良いと思っているのですがMarine先生はまさに「こんな話し方をしたい」と思える、美しいフランス語のお手本として真似したくなるエレガントで優しい発声をされます。   生徒さま思いのレッスン Marine先生のレッスンは、生徒のペースに合わせて丁寧に進みます。のんびりした雰囲気の先生ですが、レッスンではプロフェッショナル。Skypeのチャットボックスへの書き込みも多く、素早いです。(この書き込みはレッスン後も残るので復習する時に便利♪)   Marine先生は生徒のフランス語がどんなにたどたどしくても、真剣に耳を傾け、どんな意見も肯定的に捉えてくれます。まるで海のような大らかさで包み込んでくれるような安心感。フランス語入門レベルの方やフランス人と話すことに緊張してしまう生徒さまにも、心からおすすめしたい先生です。   今回はMarine先生がレッスン前に提案してくれた教材の中から「動物の権利」についての記事を選び、レッスンをしていただきました。以下、今回のレッスンで学んだ語彙です。   今日のレッスン une collecte de signature 署名集め   une animalerie ( = un magasin d&animaux ) ペットショップ   une association de protection des animaux 動物保護団体   une pratique culturelle 文化的習慣

Remy先生

Rémy先生と「自分の苦手ポイントにじっくり向き合う」【フランス語 マンツーマン

Bonjour!スタッフのKanakoです。 今回は、Rémy(レミ)先生とのレッスンをレポートします。   Rémy先生はYouTube動画に多数出演のアンサンブル看板講師   Rémy先生は、YouTube動画に多数出演されているアンサンブルの看板講師の一人。事前に動画を観ていたので、レッスンで初めてお会いした時は「本物だ!」とミーハー心(笑)で少しテンションアップ。     自分の課題を克服するためのレッスン Rémy先生の持ち味は、じっくり、丁寧、親身なレッスン。日常会話ではなんとか自分の言いたいことを伝えられるものの、中級レベルで伸び悩んでいた私。『ニュース記事の読解が難しい。』という自分の課題のひとつを克服したい。   だけど、どんな教材でどんな学習をすれば良いのか?レッスンの最初にRémy先生に相談してみると、教材として【20 minutes】のニュース記事をいくつか提案してくれました。   【20 minutes】 「通勤時間の20分で読むこと」を想定して作られたニュース記事サイト。コンパクトにまとめられた文章が、フランス語学習者の教材にもぴったり。スマホ用アプリもあります。   記事のテーマ選びも生徒の希望に沿いながら、丁寧に助言してくれました。今回は「新学期手当増額支払い」についてのニュースを選択。さて、ずっと見て見ぬふりをしてきた苦手ポイントにメスを入れます!   Rémy先生考案、今回のレッスンの進め方 1) 講師がニュース記事を1文ずつ読み、生徒が覚えて復唱する。 2) 1文が長くて覚えられない場合は、1文を2、3の部分に区切って、復唱する。 3) 区切って復唱できたら、1文全体を繋げて暗唱してみる。 4) わからない単語や表現が出てきたら、その都度説明してもらい、意味を理解する。 5) 理解できた内容を(部分的にでも良いので)自分の言葉で話してみる。   一つの文章に時間をかけて、ゆっくりゆっくり着実に、レッスンをしていただきました。(最初は全く覚えられず、言葉が出ず、ゆっくりせざるを得ませんでした…。)いつも使わない部分の脳を使うような感覚で、私には難しくも必要な訓練だと感じました。   記事の中で知らない単語が出てくると、講師が簡単な単語に言い換えて、説明してくれます。知らない単語もフランス語の説明のみで理解することができると、語彙が増えると同時に、小さな自信に繋がりました。会話レッスンは楽しく表現力が見に付きますが、時には「自分にはちょっと難しい」と感じるレベル・分野の教材に挑戦することも、語学力アップには必要かつ効果的です。難易度は高めでしたが、その分手ごたえが感じられ、満足度の高いレッスンでした!   自分の苦手ポイントがわからない、もしくは克服したい、という悩みをお持ちの方、一緒に課題を考え、じっくり根気よくトレーニングしてくれるRémy先生に、ぜひ一度相談してみてくださいね。   Rémy先生は日本語も堪能なので、初心者の方から中級以上まで、全レベルに対応可能です。日本語での質問もOK。頼もしい!   【フランスのことわざ】 Petit à Petit l’oiseau fait son nid. 鳥は少しずつ巣をつくる。( = 少しずつ事は成就されるものである。)   語学習得の心得は、「継続は力なり」「千里の道も一歩から」。苦手なことがすぐにできなくても、焦らず、落ち込まず、講師の力も借りながら、コツコツと着実に続けていきましょう。   今日のレッスン l’allocation de rentrée scolaire 新学期手当(新学期に必要な学用品を買うための補助金)   revaloriser (= recalculer, changer de valeur) 引き上げる、見直す   un coup de pouce (= une aide) 力添え、後押し   DOM (Département d’ Outre Mer) 海外県   TOM (Territoires D’outre Mer) 海外自治領

ブノワ先生

まるでセラピー!?Benoit先生とのフランス語会話レッスン

Bonjour!スタッフのKanakoです。 本日はBenoit(ブノワ)先生とのレッスン報告です。   ベテラン講師としての安定感 Benoit先生とは会話中心のレッスンをお願いいたしました。自己紹介を終えて、レッスンに入ると、その教え方や人柄の安定感にびっくり。「ほ、本当に日本に来て6ヶ月なんですか…?」と二度聞いてしまいました。笑 このベテラン感は一体どこから来るんだ…!?と思って後で講師プロフィールを見てみると、Benoit先生、パリでインストラクターの経験が15年以上あるんですね~。ちょっと納得。 そして穏やかで自然体なお人柄で、会話を広げるのもとても上手です。     聞き上手なBenoit先生 初めましての自己紹介から始まり、気付いたら家族にも話したことがない、幼少期の小さな思い出が蘇り、Benoit先生に語っていました…。 (今日初めましてですよね…!?) それはセラピーのような不思議な感覚でした。おそらくBenoit先生は聞き上手すぎて、話を引き出す達人なのだと思います。 (そしてそれを狙っているのではなく、自然体でやってのけるのです。)   Benoit先生は教えることが本当に天職なのではないでしょうか。それでいて、きちんとフランス語講師としてのプロ意識を持ってフランス語表現の訂正やアドバイスもしてくださいます。時間配分や会話のテーマ選びについても、すべて生徒任せではなく、楽しく良いレッスンになるよう、さりげなく主導権を持って導いてくれます。   フィードバックも丁寧 レッスン後のフィードバックも、単語、文章、文法の説明を交えて詳しく丁寧に書いてくださいました。心からBravo!(お見事!)と言いたくなる満足度の高いレッスンでした。また絶対に受講したい講師の一人です。     Benoit先生のレッスン風景の動画     今日のレッスン  J’ai joué au tennis entre les gouttes. 雨の合間にテニスをした。   entre les gouttes 雨の合間に   C’était la honte ! 恥ずかしかった!   Les voitures klaxonnent. 車がクラクションを鳴らす。   Quand vous prenez le volant vous devenez une autre personne. (車の)ハンドルを握ると別人になる。   avoir une otite 中耳炎である  

サーモンのホイル包焼き

サーモンホイル包み焼き フランス語で言ったらフランス料理に早変わり!?

Bonjour ! アンサンブルアンフランセ講師のYaskoです。   今回はサーモンホイル包み焼きをご紹介します。こちらの一品は、日本語では「ホイル包み焼き」なのですが、フランス語で言ったらフランス料理に早変わり!?     〈サーモンホイル包み焼き〉 Papillote de saumon / Saumon en papillote (どちらもOK)   私はよくサーモンや白身魚を買ってはホイルに包んでオーブンで焼いて食べています。とっても簡単ですがちょっとお洒落??なレシピを紹介します☆   ~用意するもの~  ・白身魚 ・玉ねぎ(薄切り) ・人参(細切り) ・キノコ類(薄切り) ・レモン(スライス) ・プロバンスハーブ(タイムやローズマリーなど) ・オリーブオイル ・塩、コショウ   ~作り方~ (オーブンを予熱180℃くらいにしておく)   ①お魚に塩コショウをし、水分が出たら水気をクッキングペーパーで取る。   ②ホイルに切ったお野菜を敷いて、その上にお魚を乗せる。お野菜が多いときは、お魚を囲むようにする。   ③お魚の上にレモンスライスを並べて、ハーブと、さーっとオリーブオイルをかける。   ④ホイルをふんわり包むようにして閉じる。   ⑤オーブンで20分程焼いたら出来上がり☆(時間はお魚の大きさに応じて調整してね)   お魚の代わりに、鶏肉でも美味しいですよ~♪♪何でも冷蔵庫に残っていたお野菜を使ってみて下さい! 簡単だけど、素敵!ワンプレート料理の出来上がりです☆