オンラインフランス語教室アンサンブルアンフランセ

ビジネスフランス語

ビジネスフランス語でスキルアップしたい

現在フランスで勤務されていらっしゃる方や、フランス語でビジネスのやり取りをなさっている方、また将来的にフランス語を使ったビジネスを考えていらっしゃる方に、ピッタリのレッスンです。

日常会話では見られない専門用語を使うビジネス会話。失敗の許されないシビアな世界でこれまで以上の成果を上げるために、アンサンブルでビジネスフランス語を習得されてはいかがでしょうか?

実務経験豊富な講師のもと、当校オリジナルの無料教材を使って、フランス人がよく使うビジネス用語や、実際に職場で使う単語やちょっとした時に役立つ使い回し等々、シミュレーション形式で実践的にビジネス会話を習得できます。フランスで就職を目指す方には、面接練習ももちろんOK。

現場で活躍するネイティヴでなければわからないビジネス会話の「ツボ」を知ることは、あなたの今後のビジネスライフにおいて大きな糧となることでしょう。

担当講師 〇経験あり △対応可能

講師名 ビジネス
Arnaud
Aude
Chantal
Dominique
Françoise
Frederic
Hiroko
Ivo
Jeanne
Keiko
Marine
Mathias
Michiko
Miyuki
Norio
Rosita
Thibaut
Yohann
Yuko

※は、現在新規の生徒様を担当できない講師となっております。何卒ご了承下さいませ。

ビジネスフランス語について

ビジネスフランス語レッスンは、当校オリジナルの無料教材”ビジネス会話テキスト “Français des affaires”(全40個)をご使用いただけます。 就職活動に必要な履歴書やモチベーションの書き方から取引先との交渉まで、幅広いビジネスシーンで使える会話例や専門用語、表現を11のテーマ、40のシーンに分けて学んでいただきます。

本テキストのタイトル一覧表はこちらよりご覧ください。

また、推奨テキスト”Communication Progressive du Français des Affaires”と併せてより深く広範囲に学習いただくことも可能です。こちらは別途ご購入いただきますが、ビジネスレター、電話応対、会議、クレーム、出張、予約等、様々なビジネスシーンにおける必要なフランス語が1冊の中にふんだんに盛り込まれており、非常に完成度の高いテキストです。

レッスン例1

実際にビジネスで使う用語や表現を、わかりやすくレッスンいたします。

ビジネス(les affaires) 会社はフランス語では(f)sociétéあるいは(f)entrepriseと一般には呼びます。entrepriseと言うと大企業を指すようなイメージですが、実際にはune petite entreprise(小規模な会社)というようにも使います。大企業ですと(f)firmeと呼ばれます。

le siège social(本社)

une succursale (地方支社)

le directeur général (最高責任者)

le personnel(スタッフ)

la comptabilité(会計部)

le service marketing(マーケティング部):marketingは英語がそのまま使われています。

le service des ventes(営業部)

le service (du) contentieux(法務部)

le service après-vente(カスタマーサービス部):après-venteは販売後という意味です。

le service des ressources humaines(人事部)

会社では様々なune réunion(ミーティング)が行われます。英語と同じでun meetingと呼ばれることもあります。

ミーティングルームはla salle de conférenceと呼ばれます。 またそのミーティングのアジェンダはl’ordre du jourと言います。逆にフランス語でl’agendaと言うと日付の載っている手帳のこと指すので気を付けましょう。le compte rendu(議事録)も忘れないように覚えましょう。 また、フランスの会社内では実際に一緒に仕事をしている同士では年齢、タイトルに関係なくTuを使う場合が多いようです。

一方、顧客と話す時は基本的にはVousです。何度か仕事で顔を合わせるようになると顧客ともTuで話すようになる場合もあります。

レッスン例2

ある会社のビジネス概要です。この会社がどういう会社で、どんなビジネスをしているか、最近の業績なども見てみましょう。

L’entreprise Ensemble fut fondée en 1990 par Sébastien Dupont.

Nous produisons des cosmétiques, des produits de beauté, de soins pour le visage ainsi que le corps et le bain, et des produits pour le confort de la maison. Ces produits sont tous élaborés à partir d’ingrédients BIO, par des déclinaisons et des variations d’huiles essentielles et d’ingrédients tels que la lavande, la verveine ou le beurre de karité.

En 1995, la première boutique s’ouvre à Paris. Les premiers produits “Ensemble BIO” firent merveilles dans les salons BIO et grâce à ce succès fulgurant, la société connut un développement rapide. Trois ans plus tard, Ensemble construit une usine à Rumilly, petite ville de Haute-Savoie qui est toujours l’unique site de production…

En 2000, la première filiale à l’étranger est crée au Japon et un bureau de représentation, bientôt filialisé, s’ouvre à Hong Kong. Cette année-là, voit également la création de la filiale italienne, dont le siège se situe à Milan. L’année 2002 marque l’implantation de Ensemble en Chine et en 2003, la société s’installe en Allemagne, en Corée du Sud et en Espagne.

En France, nos 39 magasins sont tous situés dans la région Île de France. Nous appartenons à la chaîne de distribution Mamaprix depuis 2008.

Plus de 70% des produits qui sont sortis de notre usine ont été vendus sur le marché extérieur et 63% de notre chiffre d’affaire est dû à l’exportation.

Nos résultats sont satisfaisants, malgré la crise financière. Notre bénéfice consolidé, c’est-a-dire en tenant compte de nos filiales françaises et étrangères, a atteint l’année dernière 70 millions d’euros après impôts. En termes de part de marché, nous atteignons aujourd’hui près de 5%. Nous visons 10% à terme. Notre implantation significative dans la zone Asie-Océanique est de bon augure.

面接対策もアンサンブルなら可能です