Cap ou pas cap ? って日本語でどんな意味?

Bonjour !

アンサンブル講師のAyakoです。

娘のおやつに頻繁に登場するコンポート(ペースト状フルーツ)、
のチューブ入りパッケージにこんな気になるフレーズが。

Cap ou pas cap ?

ん~・・・、これなんだろう?

キャップって・・・フランス語らしくない響き、もしや英語?

ou=または、pas=否定形
じゃあ、「キャップをする派、しない派」ってこと??

としばしフリーズして考え込んでいたら娘が一言。

”Je suis capable de faire…”
ってことよ、ママ。

ええ~~~~~!?

どうやら、子供の間で流行っている言い方とのこと。

“Je suis capable de faire…”
(…することが能力的に可能である)を略して、

“Je suis cap de faire…”
と言うのだとか。

子供だけに限らず、担任の保育士さんも使うと言うし、
日本語のレッスンに来た生徒さんも普通に使うと言うし、
彼女の母親(私の同年代)も場合によっては使うとのこと。

おまけに主人まで普通に知っていた、ガーーーン。

子供フランス用語はほぼ問題ないと思っていたのに、
まだまだ知らない表現が実はたくさんあるようです。

会話のフランス語は奥が深い!と思われた方、
応援のクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

「とっておき France Infos」
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします!

 

 

«
»