Emile先生と「初対面の人と長く話す」ためのロールプレイング

現代文学の修士号を持つ

知的なEmile先生に、

「初対面の人と長く話す」ための

ロールプレイングレッスンを

行ってもらいました。

 

 

初対面のフランス人と

長く話せるようになるには

このシチュエーションで

ひたすら特訓するしかない!

 

そう決意し、同じ内容で

Emile先生は3人目の講師です。

 

3人受講してみてやはり

どの講師も使う語彙が違うので

この方法は正解だと心から思いました。

 

今の私の目標としては、

どの世代のどんなフランス人とも

最低限以上の会話を繋ぐこと!

 

Emile先生は日本語を話されないので、

より現実に近いシチュエーションということで

張り切ってレッスンに臨みました。

 

(  )は、私がレッスン中に間違え、

先生が訂正してくれた箇所です。

 

Briser la glace

初対面の人と話す

 

直訳で「氷を砕く」という意味ですが

そのような意味があるとは、面白いですね!

 

Je ne peux pas fuir. 

私は逃げられない。

 

Parce qu’ils sont timides, ils ne connaissent personne.

なぜなら彼らは恥ずかしがり屋で、誰も知らない。

 

Ça t’a plu ? 

君はそれを気に入った?(過去形)

 

être fasciné

惹きつけられる、魅了される

 

Je suis fasciné(e) (par) le Maroc.

モロッコは私を魅了する。(受動態)

Je suis fasciné(e) par les Etats-Unis. 

アメリカは私を魅了する。

 

Je suis fasciné(e) par les Ferrari.

フェラーリは私を魅了する。

 

最初は講師にフランス語の悩み事相談。

そして、悩みを解決するための

レッスンをオーダーメイド。

 

講師と生徒が

「一緒に作り上げるレッスン」

とてもやりがいがあります。

 

中級以上になると、

講師に任せっきりではなく

自分で自分の強化したい部分を

把握して講師に伝えていかないと

学習のモチベーションは

どんどん下がってしまいます。

 

その点Emile先生は、

時には明るく元気に

時にはキリッと真剣に

親身に指導してくださるので

もっとフランス語を頑張ろう!

という前向きな気持ちになれます。

 

語学に近道はありませんが

長い道のりだとするなら

楽しく前向きに進みたいですよね。

 

Emile先生はその歩みを

確実にサポートしてくださいます!

ぜひ受講してみてくださいね。

 

Miki

«
»