Emile先生とのレッスンで覚えた便利な表現「機内モードにする」

Bonjour !
今回はEmile先生のレッスンレポートです。

ご覧ください、このお写真。
二枚目俳優的な、ダンディなEmile先生です。
エレガントで真面目、なおかつ楽しいレッスンが魅力です。
学生時代に現代文学の修士号を取得されていることから、
語彙が豊富で博学、とても知的なお方です。
レッスンでは生徒にヒントを与えて考えさせながら、
最終的には生徒自身が正解を導きだせるように
上手くかじ取りしてくれるので安心です。
そしてEmile先生はいつも平常心というか、
非常に落ち着いてレッスンを進めてくださるので、
こちらも不安にならず安心して受講することができます。
そんな魅力あふれるEmile先生とのレッスンで覚えた
便利な表現をご紹介します!

Je vais (mettre) (en) mode avion.
私はフライトモードにします。

「レッスン開始前に、
携帯電話をフライト(機内)モードにするんです。」

というフレーズがうまくフランス語で言えなかったので、
Emile先生にアドバイスしてもらいました。

※( )は私が間違えてしまった箇所です。

“mettre (qqch) en…”(…の状態にする、置く)
“être en…”(…の状態にある)

前置詞enを含む表現って、
なかなか覚えるのも使いこなすのも難しいですよね。
“en”の後ろに来る名詞は「無冠詞」なのもポイントです。

Votre téléphone est en mode avion ? 
あなたの電話はフライトモードですか?

Oui, mon téléphone est en mode avion. 
はい、私の電話はフライトモードです。

J’oublie toujours de mettre en mode avion.
私はフライトモードにするのをいつも忘れます。

On n’a pas le droit de téléphoner dans les transports en commun.
公共交通機関(での移動中)において電話する権利はありません。
※これはフランスの話です。

どれも日常的に会話で使う機会がありますよね。
ぜひ皆さんも丸暗記してください。
落ち着きがあり、丁寧で、まじめ、
だけど明るさとユーモアも兼ね備えている…
そんな講師としっかりフランス語を学びたい方には
Emile先生お勧めです!
Miki
«
»