Les Fêtes des prénoms

Bonjour à tous !
 

アンサンブル講師のAyakoです。

 

 

 

 

今日はカレンダーCalendrierのお話。

 

 

 

 

フランス人がお友達にいらっしゃる方ならご存知かもしれませんが、

 

 

フランスではそれぞれの名前が付いた日があり、その日にお祝いする習慣があります。

 

 

 

 

え?わかりづらい?

 

 

つまり…。

 

 

フランスのカレンダーを見ると、1年365日ほぼ毎日、聖人の名前がつけられていて、その名前を持つ人はその日にお祝いしてもらえるのです。

 

 

*ほぼ、としたのは1月1日やキリスト復活祭のPâques 、12月25日のNoëlなどなど、主要行事を除くためです。

 

 

(たまにNoëlという名前の方もいらっしゃいますが、聖人の名前ではないのですね)

 

 

 

 

この習慣はなんと中世から続いているとのこと、それで古臭い(失礼!)今時ではない名前も多く見られるのですね~。

 

 

 

 

ちなみに私の夫の名前はSébastienで1月20日でした。

 

 

ノエルでお祝いして、エピファニー*1でもお祝いして、お祝い疲れしているところにさらにこの名前のお祝いなんて、日本人妻の私はすっかり忘れてしまうのですが、家族親戚はしっかり覚えているのですよね、わざわざ電話やSMSでお祝いを言ってくれます。

 

 

 

 

*1 : Epiphanie(1月第1日曜日):Jésus
Christ(イエス・キリスト)の生誕を祝うため駆けつけた東方の賢者が到着した日を祝い、Galette
des Roisガレット・デ・ロワ
というタルトを食べてお祝いする日。

 

 

 

 

どの名前がどの日、というのは大体毎年決まっているのですが、決めているのはなんとローマ法王なんですって!

 

 

ちょっと楽しそうな…?いや、責任重大なお仕事ですね~。

 

 

前述した夫の名前Sébastienも、カレンダーに入っていなかった年があったそうで、その年は悔しかったとかなんとか・笑

 

 

 

 

ところで最近ではフランスでもキラキラネームならぬ、新しい名前世代

 

 

2013年の新生児名前ランキングでも上位に上がっている名前たちはどれも由緒正しいフランス名ではなく、カレンダーにも見当たりません。

 

 

 

 

それでもあきらめないのがフランス人!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトでは気になる名前を入れて検索、しかもその由来まで知ることが出来ます。

 

 

最近流行の名前たちも無理矢理入っています!!

 

 

 

 

例えば…

 

 

Lucasは10月18日のSt
Lucの日に。

 

 

Léoは11月10日でSt Lionに日に。

 

 

 

 

まぁ、なんとなく似ているし、許容範囲ではありますよね。

 

 

しかし以下はどうでしょう?

 

 

 

 

Emma は1月23日でSt
Barnardの日に、

 

 

Lolaは9月15日でSt Rolandの日に。

 

 

 

 

え~と…汗

 

 

コメントは控えさせていただきます。

 

 

 

 

ということでアンサンブルフランス人講師のフェットは一体いつなのか、気になるところですよね!?

 

 

是非こちらのサイトを利用して該当講師に“Bonne Fête (講師の名前)!” と言ってあげましょう♪

執筆 Ayako

 

«
»