パティシエ キュイジニエ 留学準備

実際学校に行ってみなければわからない単語や、ちょっとした時に役に立つ使い回しを、少しだけでも予習してから渡仏しませんか?入学時から専門用語を知っているのと全く知らないのとでは、授業の効果は全く違ってしまいます。

ご一緒に、楽しく専門用語を覚えましょう!

体験レッスン~入学までの流れ

資料・テキストは弊社・講師で用意しております(無料)

  1. 初回レッスン前までに「どのくらいの期間で、どのような事を学びたいか」を、事務局か講師に伝えて下さい。
  2. 初回レッスン時にレベルチェックとカウンセリングを行い、プランを組み立てます。
  3. ご使用になりたいテキストがございましたら、PDFに変換し、レッスン前までにメールにて弊社に送って下さい。
  4. 別途費用はかかりません。途中でコース変更可能です。料金は通常コースと同じです。
  5. ご不明点はお問い合わせ下さい。

レッスン例

実際にプロの現場で使う用語・表現をわかりやすくレッスンいたします。ここでは製パンに実際使う用語を簡単にご紹介します。パンと小麦粉(Les pains et la farine)

パンの種類

  • Le pain blanc:白パン
  • Le pain complet:全扮パン
  • Le pain demi:食パン
  • La baquette:バゲット
  • Le pain de campagne:田舎パン
  • La brioche:ブリオッシュ。朝食用のあまいパンです。

他にも様々なパンがフランスにはあります。

製パンの材料と製パンの用語

  • La farine:小麦粉
  • La farine blanche
  • La farine complete:全粉
  • L’eau:生暖かい温度のものはl’eau tiedeと言います。 Le Sel:「1 c a c」あるいは「1 cuillere a cafe」「1 cuil a cafe」とあれば、カフェスプーン(小さじ)1杯のことです。1 cuillere a soupe(a sと表示される場合もあります)の場合はスープ用スプーン(大さじ)一杯のことです。
  • La levure:イースト菌
  • La sucre:砂糖
  • L’oeuf:卵 一つの場合はun oeuf、二つ以上の場合はdes oeufsとなりますが、発音が異なるので気をつけてください
  • La beurre:バター
  • huile de tournesol:ひまわりの油。ほかにもオリーブ油(l’huile d’olive)、くるみ油(l’huile de noix)なども覚えておくとよいでしょう。
  • lait en poudre:粉牛乳
  • melanger:混ぜる
  • tamiser:振るう
  • La petrissage:こね 同時に動詞petrir(こねる)も覚えましょう。
  • Le repos:生地休め 同時に動詞reposer(休める)も覚えましょう。
  • La levee:発酵 同時にse lever(発酵させる)という動詞も一緒に覚えましょう。
  • La pate:パン生地
  • La cuisson:焼き 同時に動詞cuire(焼く)や形容詞cuitも覚えましょう。faire cuire au four:オーブンに入れて焼く

レッスン例2

ここでは実際に料理のレシピを習いながら、料理の名前、器具の名前、 材料の名前などボキャブリーごとに分けて学んでいきます。料理専門の方以外も、フランス語料理の本で料理を作りたい方にも 向いています。今回は例としてフランスを代表する製菓の一つ”タルトタタン”の作り方をご紹介します。

1.Ingredients pour Tarte Tatin : 8 a 10 pommes 150 g de beurre 150 a 200 g de sucre en poudre 200 a 250 g de pate brisee cannelle (facultatif)1, Pour realiser une tarte tatin, commencez par preparer tous les ingredients.

  • la recette レシピ
  • l’ingredient 材料
  • la tarte tatin タルトタタン
  • la pomme  リンゴ
  • le beurre バター
  • la sucre en poudre 粉砂糖
  • la pate brisee タルト生地la pate は生地という意味 ここでは既製のものを使用しています。
  • la cannelle (facultatif) シナモン(必要に応じて)
  • realiser 実現する、~を作る
  • preparer  用意する

2. Dans un moule a manque, mettre le beurre et le sucre en poudre. Poser ce moule sur la flamme de la gaziniere.

  • la moule (菓子の)流し型
  • la flamme de la gaziniere(ガスコンロ)

3. Avec une spatule en bois, bien melanger ces deux elements.

  • La spatule  へら
  • Melanger 混ぜる
    ここではbien melangerとあるのでよく混ぜるの意味

4. Faire un caramel brun. Attention a ne pas le laisser trop noircir, cela donnerait un gout amer a votre tarte. Laisser colorer le caramel selon votre convenance (plus ou moins clair). Retirer du feu.

  • le caramel キャラメル
  • noircir 黒く焦げた
  • amer 苦い
  • colorer 色付けする
  • retirer おろす

5. Eplucher, epepiner et tailler en quartiers les pommes.

  • eplucher 剥く
  • epepiner 種をとる
  • le pepinは種という意味です。
  • tailler 切る
  • en quartiers 4分の一に

6. Disposer les quartiers de pommes sur le caramel refroidi.

  • refroidi 冷めた 動詞refroidir

7. S’il reste des pommes, les tailler en morceaux plus petits et les disposer sur le dessus. Ajouter de la cannelle. (facultatif) A ce stade de la recette, afin d’accelerer la cuisson des pommes, recouvrir les pommes de papier aluminium et les cuire quelques minutes (5 a 10 mn) a feu vif. Ainsi, les pommes seront bien impregnees du caramel qui va fondre et elles seront a moitie cuite.

  • tailler en morceaux 切り分ける
  • le papier aluminium アルミホイル
  • a feu vif 直火で
  • impregne 染み込んだ

8. Fleurer votre plan de travail. Abaisser la pate brisee sur 3 ou 4 mm d’epaisseur en un disque legerement superieur au diametre du moule.

  • fleurer 粉を振るう
  • abaisser 降ろす

9. Recouvrir les pommes de pate.

  • recouvrir 覆う

10. Cuire a four chaud (180-200°C) jusqu’a cuisson complete de la pate brisee.

  • le four オーブン
  • chaud,e 熱い

11. La pate est presque cuite et le caramel commence a remonter sur les cotes. Au terme de la cuisson, retirer la tarte du four.

12. Au terme de la cuisson, recouvrir le moule avec un moule plus grand, et demouler votre tarte tatin tant qu’elle est encore chaude. Apres il sera trop tard !!!