オンラインフランス語教室アンサンブルアンフランセ

通訳案内士試験対策

フランス語の国家資格を取得して仕事の武器にしたい

『通訳案内士』は、外国語に関する唯一の国家資格です。

外国からの旅行者に同行し、外国語で日本を案内することを職業とするために必要な資格で、通訳案内士の試験に合格するにはフランス語の高い語学力に加え、日本文化の豊富な知識と、添乗員さながらの気配り、そしてサービス精神が求められます。

アンサンブルで磨きをかけたフランス語を、仕事で生かしてみませんか。

授業について

通訳案内士試験は出題方針に変更が出る場合があるため、各生徒様の苦手分野などを確認しながら臨機応変に対策を立てていきます。

試験問題は、長文読解、仏文和訳、和文仏訳、日本事象説明、と多岐に渡ります。本試験の特徴として、日本事象に関する幅広い知識と、特にそれをフランス語で説明するボキャブラリー、表現力が要求されます。

一次試験(筆記)対策は、過去問研究を中心に行います。レッスン前にあらかじめ過去問題の指定箇所を解いていただき、その解答を講師と吟味しより良い答え方を模索しながら、理解を深め、表現力を高めます。必要に応じ、フランス語の新聞や雑誌の記事も扱います。

二次試験(口述)対策は、予想問題を中心に、日本事象に関するさまざまなテーマの文章の口頭翻訳(逐次通訳)やプレゼンテーション、およびそれらに関する質疑応答を実際にシミュレーションしながら行います。講師との練習を通して、ボキャブラリー、表現力、発音、コミュニケーション力を伸ばし、本試験での評価基準となる「通訳案内の実践的な能力」を確実に身につけられるよう訓練します。

以上のような練習を通し、講師の手厚いサポートの下、通訳案内士試験合格に必要な知識と技術の習得に向けステップアップしていきます。

通訳案内士について

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2011年4月1日現在の登録者数は15,371人に達しています。

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、仏語、西語、独語、中国語、伊語、ポ語、露語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験可能。2010年度の試験には932人が合格しました。

外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、”民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。 詳細はこちらをご覧下さい。

通訳案内士担当講師 〇経験あり △対応可能

講師名 通訳案内士
Akiyo
Alain
Arnaud
Cécile
Chantal
François
Frédéric
Jeanne
Joseph
Mathias
Matthieu
Michiko
Miyuki
Nico
Pierre
Priya
Sébastien
Thibaut
Vanessa
Yohann

※は、現在新規の生徒様を担当できない講師となっております。何卒ご了承下さいませ。