“Tu devrais te reposer”、どう訳す?

Bonjour à tous ! アンサンブル講師の Miwa です。

今回は「一言フランス語」をお届けします♪早速ですが、

Tu devrais te reposer

と誰かに言われたら、日本語ではどういう意味に解釈しますか?

まずは使われている動詞に注目、devoir(〜しなければならない)です。
次にその時制、Tu devrais は devoir の条件法現在形ですよね?

ううっ、条件法って苦手…と思われる方はきっと多いはず。日本語には存在しないですもんね。学習中の言語で何らかの文法事項を使う時、母国語に対応するものが無い場合、正しいかどうか常に頭で考えなければいけません。だから難しくて当たり前!

ここは「会話に便利な一言フランス語を紹介する場所」ですので、条件法の解説はSkypeレッスンにてアンサンブルの講師陣に頑張ってもらいましょう(笑)ともあれ今回は、devoirの条件法現在をどう解釈するかに注目です!

「〜しなければならない」を意味する devoir に

条件法の「婉曲、語調緩和」というニュアンスを足すと、

君は休まなければならないだろう

→ 君は休んだほうがいいよ

という助言の意味になるんです!

Il a écouté ce conseil, il est donc en train de se reposer !

「〜したほうがいい」と聞いて思い浮かぶフランス語に “il vaut mieux + 動詞不定形”という非人称構文がありますね。もちろんこれも正しいですが、非人称構文は「非人称」という言葉が示すように、個人的なことよりも一般的なことを述べるほうに使われる場合が多いので、上のように「君」個人に助言を与える場合は、

Il vaut mieux te reposer よりも

Il vaut mieux que tu te reposes
(que以下の動詞は接続法)がベターです。

細かいことはさておき “il vaut mieux que…”より”devoirの条件法現在”のほうが、語数が圧倒的に少ないですよね!しかも主語に Tu Vous がダイレクトに使えるので、こちらのほうがむしろ使いやすいかもしれません?

今まで助言を与えるのに”il vaut mieux (que)…”しかご存知なかったという方、表現の引き出しがまたひとつ増えましたね次回身近なフランス人があくびを連発しているのを見かけたら、是非声をかけてあげましょう^^

Tu as l’air fatigué, tu devrais te reposer !

条件法を使って助言ができるなんて!と驚かれた方、
応援の「ポチ」して頂けると嬉しくなっちゃいます
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。
 
 
フランス語学習は
 
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
«
»