フランス語試験対策のための学習法


仏検(フランス語検定試験)やDELFでは、まず自分の苦手な分野を把握することから始めましょう。 試験の傾向を事前に確認し、問題の内容や設問のされ方などを必ず調べておくことがとても重要です。

仏検イメージ

Step1 自分の弱点を把握しよう

まずは仏検やDELFの過去に出された問題を解いてみて、自分に足りないものは何かを把握しましょう。 結果をもとに、苦手な分野を集中的に学習し、苦手を克服していきましょう。

Step2 学習する内容によって講師を分けよう

聞き取りはA先生、口頭表現はB先生、長文読解はC先生、文法復習はD先生など、同時に複数の講師を受講し、各講師ごとに何を学習するのかを分けておきましょう。レッスンでそれぞれの分野を集中的に学習することで、より深く理解することができます。

仏検対策担当講師についてはこちら
DELF/DALF対策担当講師についてはこちら

試験対策は、ぶれない学習方法とそれを継続することが一番大切です。

あなたにおすすめのコース

・通常コース
・フランス語集中コース